2012年12月25日

極カード考察4真田昌幸

真田昌幸画像.png

戦国時代のチート親子・真田昌幸・幸村親子の親の方。
弓馬防衛のスペシャリストです。
汎用性を重視して弓馬構え・鉄壁の備え狙いで弓馬両対応とするか、弓か馬に特化するかは手持ちとプレイスタイルと要相談です。
安価に済ませるならば守護持ちを合成して騎馬隊守護と弓隊守護どちらか付いた方で起用法を決めると言うのもアリです。
デフォルトスキル戦陣・千鳥は天スキルに比肩する強力スキルです。
統率的には武士が最上となりますが、戦陣・千鳥を死にスキルとするのは非常に勿体ないので武士起用はあまりオススメしません。
非常に高い兵法初期値と成長率2.5を誇り、軍師素養にあふれる武将です。
弓仕様ならば他に優れた軍師候補(特且つランクアップなど)が居る事も多いので防御振りでも良いでしょう。
騎馬仕様ならばなかなか軍師適性が高い武将が少ないので兵法振りが安定します。
砲防非対応・馬防自体が優先度が低い傾向にあるなどの要因で戦力の割に入手を先送りされる武将とも言えるでしょう。
そのため市場でも安い部類に入るので、意外に安く手に入れられ、確実に戦力増強につながる非常に燃費の良い武将と言えます。

戦陣・千鳥(弓馬防)スキル評価:☆
レベル1:確率25%効果15%
レベル5:確率30%効果20%
レベル10:確率45%効果30%
レベル5の時点ですでに他のスキルレベル10相当の期待値を叩きだしており非常に強力です。
レベル6以降はさらに伸びが良く、レベル10ではスキル期待値だけで13.5%と天スキルも真っ青です。
弓隊円陣同一カード合成などの弓陣の極みルートで他のカードへ移植可能で、移植できれば最高級の戦果となる事でしょう。

市場取引額:安い

***
<凡例>
スキル評価:☆>◎>〇>△
※スキルの強さや使い勝手を独自に評価
市場取引額:本多忠勝基準(4期:4〜5万クラス)「高い」「同程度」「安い」
※ワールドによって取引額は違いますがだいたい似通っています
posted by 魯粛 at 12:03| Comment(0) | 極カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

極カード考察3島津義弘

島津義弘画像.png

極カードはカードナンバー若い方に問題児が集中していますねw
前回黒田官兵衛に続いてこちらも扱いに困るカードの登場です。
と言っても黒田官兵衛に比べれば兵種とスキルは絞りやすいですが。
デフォルトスキル釣り野伏・鬼は砲攻スキルですが、レベル5までは発動率がかなり心許ない状態です。
レベル6以降は発動率が2ポイントづつ上昇し、レベル10で20%と、ここまで育てれば十分主力足り得る性能となります。
鉄騎馬統率もBA相当と、最上ではないですが問題ない実指揮数を誇るので、世間の評価ほど使えないわけではありません。
付与スキルもコスト3砲攻仕様で挟撃・剛撃あたりを付与できれば戦力として十分機能するので、お財布の状況に合わせてカスタマイズしましょう。
統率的に砲防でも運用できるので、スキル付与の際は砲攻・砲防を同時に載せられる組み合わせでスキル削除しない方針で行きましょう。
具体的には・・
@三段撃ち
三段撃ち
鉄砲隊円陣
鉄砲隊剛撃
A鉄砲隊剛撃
鉄砲隊剛撃
鉄砲隊円陣
B釣瓶撃ち
釣瓶撃ち
鉄砲隊剛撃
鉄砲隊円陣
C三段撃:烈火
三段撃:烈火
三段撃ち

などです。
三段撃:烈火はよりレアリティに高いカードに優先されるカードなので、リーズナブルに行くならばBまででしょうか。
部隊スキル「薩摩隼人」を意識するなら三段撃:烈火が相性が良いです。
実際に彼を戦力投入するなら自前でスキル付与にトライするよりも市場でスキルがしっかり付与されたものを狙う方が正確且つ安上がりに済む場合が多いです。

釣り野伏・鬼(砲攻)スキル評価:〇
レベル1:確率5%効果15%
レベル5:確率9%効果19%
レベル10:確率20%効果30%

市場取引額:「安い」砲攻カード入門編

***
<凡例>
スキル評価:☆>◎>〇>△
※スキルの強さや使い勝手を独自に評価
市場取引額:本多忠勝基準(4期:4〜5万クラス)「高い」「同程度」「安い」
※ワールドによって取引額は違いますがだいたい似通っています
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 23:45| Comment(2) | 極カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

極カード考察2黒田官兵衛

黒田官兵衛画像A.png

極カード考察2回目にして早くも問題児の登場です。
統率・スキル・兵士数どれをとっても特カード並と、不人気極カードの代表格と言えます。
鬼謀・国砕の「上級器」とは、上級兵種(武士・赤備え・弓騎馬・鉄騎馬)+器(破城槌・攻城櫓・大筒)となっています。
つまり、下級〜中級兵種で戦う中盤までは破壊要員、上級兵種を載せれば実質刹那の猛勇+破壊補正スキルと考えて良さそうです。
実際に戦力とする場合は、やはり統率とスキルを活かす兵器要員が良いでしょう。
と言うか、消去法でそれしかないと言ったところでしょうか。
兵器以外の各兵種の運用法
◎武士:統率プラス補正・破壊補正の影響大
○弓騎馬:挟撃の乗りが悪く攻撃カードとしてはやや物足りない
▲雑賀衆:統率はマイナス補正無しだが、雑賀衆は「上級」ではないため鬼謀・国砕がかからないのが難点

仮に兵器要員としない場合は、兵法成長が高く軍師向きなので、他の軍師候補が少ない武士が本命となるでしょう。
安価に狙えて効果的なのは、武士・弓両取り、更に破壊のおまけ付きの三矢の教えが最も無駄が無いスキル選びとなります。
部隊スキルは主への祈り・天下の両兵衛など複数に対応してますが、どれも片手落ちと救いようがありません。
主力部隊スキルである主への祈りですら、大友宗麟(新)・黒田如水(攻撃仕様)がそろっていてなおかつ他の砲攻天カードが無く、蒲生氏郷(極)を所持していない時に軍師カードとして入れる・・のも正直微妙ですが、そんな極限られたシチュエーションでしか力を発揮できないかもしれません。

天上クジから出たらさすがにご愁傷さまとしか言えないレベルですが、ムリヤリポジティブに考えるなら、市場でも極最安値クラスである事から、「最もランクアップを抵抗が無く行える優秀な極軍師カード」と考え、デッキで不足している部隊の軍師カードとするのが一番力を発揮できるのではないかと思います。

鬼謀・国砕き(上級器)スキル評価:△
レベル1:確率20%効果5%破壊13%
レベル5:確率24%効果7%破壊16%
レベル10:確率35%効果15%破壊25%
レベル10まで上げれば攻撃系スキルとしてもレベル8以下剛撃以上の期待値となりますが、兵士数が少ないだけにイマイチ戦果が伴ってきません。
上級兵が主力兵科となる後半は、実質ほぼ全攻スキルと言えるので、「条件付き全攻スキル」と考えれば一定の評価はできるかもしれません。
10まで上げなければ「条件付き刹那の猛勇」程度なので、条件が付く分むしろ評価が下がりますが・・
実際は使い勝手が悪すぎるのでスキルの優秀さを引き出しにくい事もあり、そこまで上げる手間があるなら、素直に他のカードにつぎ込むべきでしょう。

市場取引額:「安い」極最安値クラス

***
<凡例>
スキル評価:☆>◎>〇>△
※スキルの強さや使い勝手を独自に評価
市場取引額:本多忠勝基準(4期:4〜5万クラス)「高い」「同程度」「安い」
※ワールドによって取引額は違いますがだいたい似通っています
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 00:07| Comment(4) | 極カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

極カード考察1本多忠勝

戦国IXAも早4期目を迎えています。
以前と比べて格段に入手の機会が増えた極カード、新規層にも頑張れば普通に手に入る環境になってきました。
そこで、初心者からベテランまで幅広く楽しんでもらえるブログ作りのコンセプトにもマッチする時代になったので、今回より極カード考察を不定期連載していきたいと思います。
カードナンバー順に本多忠勝から上杉景勝までを予定しています。
それ以降は毎月追加武将考察で紹介しているので、今のところはここまでの予定です。

極カードくらいになると、特カードと違ってスキルレベル10まで育成する人も多くなってきます。
そこで、極カード考察では一般的な分岐点であるスキルレベル5と10の効果と、市場マニアの個人的視点から見た市場取引額を3段階に分けてみようと思いますので、参考にしてください。
取引額は、「コスト3・馬か砲の強兵科対応」の極らしい性能を併せ持った本多忠勝を基準(4期4〜5万クラス)に、「高い」「同程度」「安い」とします。
尚、基本的に無課金・初心者ベースなので義兵・電光セットや限定カードを使ったハイエンドスキルを付与する事は除外していますのでご了承ください。
スキルについては、今ではかなり安価になった特クラススキルメインになると思われます。
と言うか、普通にハイエンドスキルを追加できるような御仁にはあまり役に立たない記事になると思うので、是非我が道を突き進んでいただきたいと思いますw

***
極・本田忠勝画像.png

栄えあるトップバッターは、本家剛勇無双の本多忠勝です。
強兵科馬砲対応スキルなので、極でも使い勝手はかなり良い部類です。
基本運用は馬・砲の二択で問題ありません。
素直にどちらかに特化させるのが良いでしょう。
立花宗茂と組ませれば部隊スキル「東西無双」が発動しますが、立花宗茂の統率はは鉄騎馬BB相当とそこまで高くありません。
他に砲攻専門とすべきカードは多数あるので、個人的には素直に統率上位の赤備えを伸ばすのが得策と思われます。

剛勇無双(槍馬砲攻)スキル評価:☆
レベル1:確率15%効果12%
レベル5:確率19%効果16%
レベル10:確率30%効果25%

市場取引額:本多忠勝基準(4万〜5万クラス)

***
<凡例>
スキル評価:☆>◎>〇>△
※スキルの強さや使い勝手を独自に評価
市場取引額:本多忠勝基準(4期:4〜5万クラス)「高い」「同程度」「安い」
※ワールドによって取引額は違いますがだいたい似通っています
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 00:31| Comment(4) | 極カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。