2012年06月12日

特カード考察45瀬名姫

今回をもちまして、一応特カード考察は終了となります。
カードナンバー順でいきますと、次は池田輝政からとなりますが、ここから先は月別追加武将考察の記事内で考察しているので、こちらで取り上げる必要はないとの判断からです。
意外と人気のコーナーなので、需要が有ったり気分が向けばまた追加していく・・かもしれませんしそうでもないかもしれませんw

***
セナ姫画像.png

運営様がよくやる、コスト2複数兵科弱効果スキル持ちの一角、瀬名姫です。
このカテゴリの例にもれず攻撃より防御が適性があります。
瀬名姫にはもう一つ優れた点があり、兵法成長が2.5と高く、貴重な低コスト騎馬防衛且つ軍師になれるカードと言えます。
ランクアップしてやっと赤備えをBB相当でマイナス補正なく扱えるようになるので、運用の際はランクアップ推奨です。
コスト30プレイヤーにとっては、複数合流における小回りの利くカードにもなるので、一応攻撃も範囲内です。
ただし避雷針効果で被害が流れてくるので兵士の消耗が激しくなりますので、内政と要相談です。
戦功が欲しい場面や兵士消耗度外視の終盤に於いては、意外と低コスト合流要員は重要なので、環境によっては重要な攻撃要員ともなります。
posted by 魯粛 at 03:17| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

特カード考察44佐々成政

佐々成政画像.png

デフォルトスキルで極クラススキルを持つカードです。
ただそのぶん能力は抑えられており、全体的に使いにくいカードとなっています。
主に三段撃・神速追加カードとしての用途であり、戦力として使うには心許ないです。
しかも戦力として使う場合は・・
・コスト比を考え防御転用せねばならず、対応した防御スキル付与が不可欠
・スキルを活用するなら対応兵科である槍(武士)鉄騎馬は統率で優位に立てない(実質雑賀衆のみ)
・更にスキル付与をすれば肝心の三段撃・神速が候補から消えてしまう
と言う如何ともしがたい三重苦が待ち受けています。
育成するならかなりの覚悟が必要です。
もし育成と合成を両立するなら、是非同一カード合成で砲撃・羅刹を狙ってみましょう。
このカードを素材とすれば、釣り野伏・鬼が候補に出現します。
釣り野伏・鬼を追加できるかどうかは別として、夢のあるカードになるかも??
そこまで手が出ない人は私を含め大多数だろうと思いますので、素直に売却に回すのが確実かもしれません。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 23:15| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

特カード考察43佐竹義宣

佐竹義宣画像.png

鬼義重こと佐竹義重の息子・佐竹義宣です。
デフォルトスキル鉄甲陣は槍弓にかかる優秀な防御スキルです。
基本3種の統率が高く、どの兵科を持たせても良いので、スキル付与にはあまり苦労しなくて済むでしょう。
統率上位の武士が本命なので、槍隊守護を軸に、うまく槍隊守護が付けば清水氏から槍隊円陣・槍衾を、弓隊守護が付けば堅陣・布陣両面待ちを狙えばハズレが少ないです。
混成部隊を想定して鉄壁の備えも良いでしょう。

余談ですが佐竹義宣氏の特徴的な兜は、その見た目通り毛虫前立てと言われており、毛虫の「決して後ろに引かない」を体現した兜との事です。

佐竹資料館・佐竹義宣甲冑画像.png
↑佐竹義宣所用 人色皮包仏胴黒糸威具足画像

Copyright (C)2004 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
秋田市立佐竹資料館より画像を拝借しました。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 13:43| Comment(2) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

特カード考察42義姫

義姫画像.png

使いどころに困るカードとして認知されているカードです。
たいていの場合は売却か剛勇無双要員としての使い道です。
戦力として使うには、やはり統率上位の弓(弓騎馬)1本しかないでしょう。
防御転用が最上ですが、似たようなカードは多く、ライバルに割って入れるかは付与スキル次第です。
攻撃ならばこちらも弓騎馬となりますが、せっかく破壊力補正があるので破壊部隊とするのも手です。
その場合海賊衆などのNPC兵が破壊力が高いので有効活用できそうですが、ただでさえNPC兵は供給が不安定なので、気が付けばデッキの置物と化している事も多いでしょう。
何にしても結局使い道を決められず、そのまま売却の道をたどりそうなカードと言えるでしょう。
posted by 魯粛 at 12:56| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

特カード考察41百地三太夫

百地三太夫画像.png

伊賀の三忍の百地三太夫です。
デフォルトスキルの炮烙の計は固有スキルで、非常に高い兵法値が魅力的なカードです。
ただし弓隊での起用ならば他にも優秀な軍師候補がいるので、手札と要相談です。

運用法としてオススメなのは、部隊スキル忍び衆を有効活用できる攻城部隊です。
迅速行軍と兵器運用術を付与できれば部隊スキルで更に速度をアップできるので、もしうまくスキル付与で来たらお供の忍者カードと共に活躍してもらいましょう。
忍者カードにはコストの軽いものも多く、低コストで効果的な攻城部隊を組む事ができます。

付与スキルは、スキル一致を狙ったものとしては同一カード合成で火竜の術(弓器攻スキル)と疾風迅雷(槍馬弓速度アップ)で弓カードにできますが、疾風迅雷は器にはかからないので、もし同一カード合成をするなら2枠目を埋める時が良いです。
火竜の術が付けば兵器運用術か迅速行軍、疾風迅雷が付けば弓攻スキルと派生しましょう。

元々本人自身が疾風迅雷付与カードとしての価値が高い事から、取引でも他の特カードより若干高めの傾向があります。
その意味でも低予算で遊ぶ場合は、疾風迅雷まで狙うのはなかなかに踏ん切りがつかない事が多いでしょう。
スキル付与に失敗しても、そのまま売れば捨てスキルが付いたものとして疾風迅雷が繰り上がるので合成目当てのプレイヤーにはあまり価値が落ちることなく売れます。
そもそも攻城部隊はソロの空き巣活動をしないプレイヤーには優先度が低い兵科ですが、攻撃側になった時は堅い天守を相手にする時など、あれば重宝するので1部隊ぐらいは攻城部隊を組めるようにしておくと戦略に幅が広がります。
posted by 魯粛 at 22:57| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

特カード考察番外編・明智光秀&宇喜多直家を防御仕様に育てる

以前コメントにて、えあのすさんより質問を受けました。

(以下コメントの抜粋)
白クジで明智光久さん2枚と宇喜多直家さん、火のクジで綾御前さんを引きました。

現在金は200銅はありません、基本無課金です。

出来るだけ失敗しないスキルを付けたいのですがわかりません。

城主レベルは17で、一枚は攻撃用残りは城の守備用にと思っています。
(抜粋以上)

***
今回はタイトル通り、この2枚を防御仕様に育ててみます。
コメントにある「失敗しない」をどう解釈するかにも依りますが、無課金と言う環境から、スキル削除をするような状態を失敗と解釈します。
更に、できるだけ出費を抑える事も前提と思われます。
コメントには、兵種の指定がなかったので、それも加味して考察していきます。
まず、特・明智光秀のカードを今一度見てみましょう。

特・明智光秀画像.png

特徴
・全ての兵種をマイナス補正無しで扱える
・兵法値と成長が高く軍師向き
・大兵力

一般的には、明智光秀を防御に使う場合は、統率で一番適性がある

鉄砲足軽(砲防)

が軸になります。
砲防カードはコスト比を度外視して実指揮数が多ければ多いほど良いと言えます。
加えて砲防スキルは上クラススキル以下は発動率マイナス補正が働くので、兵法値は多ければ多いほど良いです。
その意味で、砲防起用が一番明智光秀の防御性能を引き出せるチョイスです。

しかし反面、砲防スキル育成はかなり値が張るうえに余計なスキルが付く確率が高く、ある程度ゲームをやって銅銭やカード資産がそろっていないとそもそも鉄砲をそろえられないと言ったクリアすべき条件があります。
えあのすさんのプレイ環境と現在の進行度だと、砲防はちょっとまだ手を出すには早い感じがします。

***
では、それならどうすればいいか。
複数のパターンを考えてみます。

パターン@
これが明智光秀の万能性を加味して、一番失敗しない育て方です。
それは、「付いたスキルで決める」後付け合成です
○○隊守護→○○隊堅陣ルート

○○には、より重視したい兵種に対応させます。
どれでもいいけど、できれば槍隊、と考えるなら三好長慶などの槍隊守護持ちを合成します。
もしうまく槍隊守護が付いたら、その後は鳥居元忠などの槍隊堅陣持ちを合成します。
仮に最初の段階で槍隊守護が付かず、騎馬隊守護や弓隊守護が付いた場合も同様で、それぞれ対応した堅陣を合成すれば、2本同系統のスキルを狙えます。
2本同系統になる確率は・・

○○隊守護付与段階
どれが付いてもその後に派生できるので付与スキルを100%有効活用可能

○○隊堅陣付与段階
第1候補:○○隊堅陣18.18%
第2候補:××隊堅陣9.27%
第3候補:○○隊布陣5.76%

このうち、第1候補と第3候補が同系統の「当選」スキルです。
つまり、当選率約72%です。

多少効果が落ちても失敗率を減らしたいなら堅陣の代わりに堅守持ちで合成です。

○○隊堅守付与段階
第1候補:○○隊堅守20.2%
第2候補:○○隊備え10.3%
第3候補:××隊堅守6.4%

第1候補と第2候補が同系統の「当選」スキルです。
つまり、当選率約83%です。
ただの確率だけで言えば○○隊守護→○○隊堅守ルートが一番失敗がない組み合わせですが、今回は堅陣ルートで考えています。

根気よくこの合成を続けていれば、○○隊守護+○○隊堅陣or布陣と言う2種一致カードを作成できる確率は約72%です。
使用兵種を絞らないなら、7割以上の確率で同系スキルにそろえられるのが、万能明智光秀の最大の利点と言えます。

パターンA
次は、ある程度使いたい兵種を決めたい場合です。
例えば槍防カードにしたい時は馬、弓スキルはハズレとなってしまいます。
こうなると一気にハードルが上がるので、できるだけ失敗しないためにはある程度スキルの質を落として妥協する必要も出てきます。
○○隊堅陣→○○隊堅守ルート

○○には、より重視したい兵種に対応させます。
このパターンの場合、狙った兵種以外はハズレとなってしまいますので、できれば最初の段階で狙った兵種だけを付与できる素材があればいいのですが、現在のところ1回で3本同系統を狙えるカードはありません。
即ち3本のうち1本はハズレると考えるしかありません。
(素材に手を加える事でそろえる事はできますが、あくまでここでは素の状態でと言う事で進めていきます)

○○隊堅陣付与段階
第1候補:○○隊堅陣18.18%
第2候補:××隊堅陣9.27%
第3候補:○○隊布陣5.76%

このうち、第1候補と第3候補が同系統の「当選」スキルです。
つまり、当選率約72%です。

○○隊堅守付与段階
第1候補:○○隊堅守20.2%
第2候補:○○隊備え10.3%
第3候補:××隊堅守6.4%

第1候補と第2候補が同系統の「当選」スキルです。
つまり、当選率約83%です。

パターンAの場合
72%*83%=59.76%

約6割の確率で狙った兵種の同系統スキルをそろえる事ができます。
多少効果が落ちるスキルの組み合わせですが、それでも約6割の確率で作成できるのは失敗が少ないと言えるでしょう。

参考までに、少し欲張ったパターンを紹介します。
パターンB
鉄壁ルート
パターン@の○○隊守護ルートを、三好政康(鉄壁の備え)に換えて派生させるルートです。
三好政康は素材としては高価な部類ですが、そのまま合成させれば効果の高い組み合わせが並びます。

第1候補:足軽軍法14.14%
第2候補:鉄壁の備え8.24%
第3候補:三矢の教え5.12%

第1候補と第3候補が明智光秀の攻撃性能を引き出す組み合わせです。
最初に攻防を決めずに付いたスキルで攻防を決める後付けと言え、どれを引いてもはずれがない組み合わせです。
もしも鉄壁が付与できれば、守護持ちで派生させればどれでも使えるので、実質完成と言えるでしょう。
つまり、素の状態から「攻防にこだわらず戦力として使える状態にできる」確率は100%です。
防御だけに使うなら、第2候補だけが当選ですので、当選率約30%(捨てスキルを付けて第1候補に繰り上げた場合は約52%)
です。

***
宇喜多直家の場合も明智光秀同様の考え方でOKです。

宇喜多直家画像A.png

特徴として
・兵法値と成長が高く軍師向き
・大兵力

ただし、万能型の明智光秀と比べるとやや適性が偏っており、主に砲防または槍(武士)防カードとしての運用となります。
槍防カードとして使うなら、清水宗治が失敗が少ない組み合わせとして追加されます。

第1候補:槍衾16.16%
第2候補:槍隊剛撃7.24%
第3候補:槍隊円陣4.48%

清水宗治は下手をすれば2000前後の銅銭がないと落札できませんが、効果は折り紙つきです。
当選率約74%で、特クラススキルを付与できるので白クジから清水宗治を入手で来たらトライしてみるのも手です。

***
兵士数が多い両者だけに、しっかりとしたスキルを施せば十分主力足り得る性能を引き出せると思います。
是非合成ライフの参考にしていただければと思います。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 09:56| Comment(2) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

特カード考察40津軽為信

津軽為信画像.png

戦国時代の関羽雲長長髭武将・津軽為信です。
スキル的にも統率的にも基本3兵種をソツなく扱える、極めて汎用性の高い武将です。
統率上位の武士を率いる事を第一とした槍防カードもしくは、層の薄い馬防カードとして使うのが一般的です。
弓防もいけますが、弓防は候補が多く他のカードに任せた方が良さそうです。
特に数の少ない槍・馬軍師カードとしての適性があります。
しかし、兵法成長2.5ながら初期値がやや低く(435)、素質を伸ばすにはランクアップが必要となってくるでしょう。
手札の軍師カードと要相談です。

合成は、手軽にいくなら三好長慶などの槍隊守護持ちを、資金をかけられるなら清水宗治などの槍衾持ちが良いでしょう。

津軽為信(鉄壁の備え)×三好長慶(槍隊守護)合成候補

槍隊守護
騎馬隊守護
弓隊守護

見事に第1候補から優先順位の高い順に並びます。
これで付いたスキルによって運用法を決めると無駄が少ないでしょう。
適性上位の槍一本で主力として育てたいなら、槍衾と槍隊円陣を同時に狙える清水宗治で決まりです。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 22:00| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

特カード考察39愛姫

愛姫画像.png

優秀な固有スキルがキラリと光る愛姫です。
しかしながら、このスキルを活かそうとするとなかなか茨の道を歩む事になりそうな、そんな性能です。
運用法としては、低コストの攻撃部隊とするか、デフォルトスキルには目をつぶって、コスト比を活かした防御カードとするのが一般的でしょう。

このニーズを両方満たす合成としては、三好政康合成をオススメします。

愛姫(槍陣・弧月)×三好政康(足軽軍法)合成候補

足軽軍法
鉄壁の備え
三矢の教え

統率的に、長槍とは相性がいいので、足軽軍法と三矢の教えを有効活用でき、第2候補の鉄壁を引いても防御転用できるサイフに優しい合成です。
コスト依存の足軽軍法とはやや相性が悪いので、そこは割り切る必要はあります。
これはやや攻撃的な運用を意識した合成ですが、防御を意識した候補にするなら、捨てスキルを一つ付与して候補を繰り上げます。

鉄壁の備え
三矢の教え
捨てスキル対応

とすれば、第1候補に鉄壁の備えを繰り上げる事ができます。
残りの1枠はそれぞれの運用に対応したスキルで埋めれば、コストの隙間を埋める小回りの利くカードとなるでしょう。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 00:26| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

特カード考察38伊達成実

伊達成実画像.png

スキルが天にも届く、コスト2.5特屈指の攻撃カード伊達成実です。
とにかくカード性能を引き出すならスキルを最大限有効活用するべきでしょう。
運用法としては、騎馬又は鉄騎馬の二択です。
特に、特カード砲攻カードとしては数少ない1枚ですので、欲張ってスキルを付ける価値があります。
余裕があれば、もちろん鉄砲隊剛撃などのスキルが望ましいですが、どんなに予算がなくとも、最低限鉄砲隊挟撃は狙うべきでしょう。
これは鉄騎馬部隊はコストが重くなる事から、コスト依存系スキルはやはり外せません。

ソロで突撃する場合、結局のところモノを言うのは強力なスキルと最大兵士数(または速度。どちらが優れているかと言うのは基準が違うのでコメントは差し控えておきますが)と言っても差し支えないので、資産の多いプレイヤーは最低でも極以上の部隊を運用している事が多いですが、伊達成実は初心者や微課金クラスでも十分ソロを楽しませてくれるカードだと思います。
合流で鉄騎馬を運用する場合でも、赤備えを持たせて鉄騎馬の被害を軽減したりと、兵士数が少ない特の砲攻カードだからと言って軽視するのは早計でしょう。
攻撃時の避雷針については、避雷針を置くより総攻撃力を高めたほうがいい結果が出る事が多いですが、伊達成実は兵士数自体はそこまで多いと言う訳ではないので、鉄騎馬オンリーだと(資源効率と言う意味での)被害が多めに出るかもしれません。

馬砲攻スキルにかかるものは、義兵・電光ぐらいしかないので、義兵電光狙いと行きたいところですが、おそらく義兵電光はほかに付けるべきカードがある事がほとんどでしょう。
義兵電光の効果が絶大なのにはあえて目をつぶって、素直に馬仕様と砲仕様の2枚をそろえたほうが精神衛生上よろしいかと思われます。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 21:26| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

特カード考察37加藤嘉明

加藤嘉明画像.png

部隊スキル・賤ヶ岳七本槍の構成カードである加藤嘉明です。
デフォルトスキルとして弾幕防壁陣を持つ、合成カードとして需要が高いカードです。
しかし、戦力としても弓騎馬をプラス補正で扱えます。

運用法としては、低コストの弓か砲防カードとなるでしょう。
特に弓防カードとしてはスキル一致・コスト比に優れる優秀な戦力となります。
砲防としては本来の意味での避雷針にするには兵力が多く、かと言って鉄砲を持たせれば砲防統率CCが足かせになります。
弾幕防壁陣は素直に爆発力の高い弓スキルと割り切っておいた方が良さそうです。

付与スキルは、弓防部隊運用でいくなら順当に上クラススキルで十分です。
もし資産に余裕があれば一発同一カード合成が魅力的です。
4本の候補の実に3本のスキルが有効に使える組み合わせなので、狙えるようならトライしてみるのも悪くありません。

加藤嘉明(弾幕防壁陣)同一カード合成候補

槍弓猛襲
真田丸
鉄壁の備え
砲陣の極み

第1候補以外すべて当選と言えます。
砲防部隊入りを考えているなら一考に値します。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 01:02| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

特カード考察36ねね

ねね画像.png

秀吉の正室である北政所こと、ねねです。
コスト比に優れた防御カードで、主に鉄砲防衛隊の避雷針カードとしての運用法が一般的でしょう。

スキル付与はやはり砲防部隊に組み込むことを考えて砲防スキル狙いです。
槍を持って避雷針となる場合が多いと思うので、鉄壁の備えや真田丸を付与できれば長く愛用できるカードになるでしょう。
下間頼廉をやや下回る兵士数や統率でありながら、コストは1.5と軽く、育てて損はないカードです。
現在部隊スキルの都合上、下間頼廉の砲防カードとしての地位が見直されているので、釣瓶撃ち付与カードとしての役割が彼女に割り当てられていっているような気がします。
今後秀吉との部隊スキルが実装されたならば、また違った評価が下されるでしょう。(現実的には天・秀吉とのペアが理想なので、評価は上昇すれど万人受けする部隊スキルにはなりそうにないですが)
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 21:51| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

特カード考察35おまつ

おまつ画像.png

部隊スキル・百万石の契りの構成カードであるおまつです。
前田利家と組めば防御力に上乗せが期待できるカードです。
元々コスト比は抜群の優良カードで、特カードの中でも安定して高値で取引されています。

運用法は、攻撃でもまずまずですが、やはり防衛一択でしょう。
部隊スキル導入前までは槍防衛を基本としながらも、鉄壁を活かして槍以外の兵科でも対応できましたが、今は部隊スキルを組む相手の前田利家が槍防衛を最も得意としている事から、槍防衛として育てるのが最善と言えそうです。

付与スキルは無難な線で守護や堅陣などの上クラススキルで問題ありませんが、余裕があるなら1枠は清水氏から円陣・槍衾を狙う価値はあります。
特に何も細工をせずとも直接保険をかけつつ狙えるので、とてもオススメできる合成です。

かく言う私自身全プレイワールド合わせても2枚しか所持していないので大きな事は言えませんが、持っているなら特の中でも優先して育てておくべきカードではないかと思います。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 23:49| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

特カード考察34片倉小十郎

片倉小十郎画像.png

部隊スキル・伊達の双璧と独眼竜双璧の構成カードの片倉小十郎です。
天・伊達政宗を所持している人は少数と思われるので、主に考慮するならば伊達の双璧となるでしょう。
運用法としては、スキルを活かした槍防衛か、部隊スキルを意識した攻撃か、となりそうです。
槍防衛カードとしては、槍衾と優秀なスキルながら武士での統率が落ちるため、専ら長槍専門でしょうか。
意外と鉄砲足軽適性も高いので、槍衾は捨てて鉄砲防衛に組み込むのもありですが、わざわざそこまでして方針変更する必要は薄い気がします。
やるかどうかは小十郎愛次第です。

部隊スキルを意識するなら、伊達成実の運用法に合わせたものでOKです。
旋風轟撃は馬砲攻スキルですが、砲攻は底上げがしにくいので、個人的にはこちらがオススメです。

付与スキルもそれぞれの使用方法に合わせたもので誂えれば特にひねる必要もないでしょう。

兵法成長が2ながら、初期値が高いのでランクアップ軍師候補でもあります。
槍防に不足しがちな軍師カードにしろ、部隊スキルに組み込むにしろ、積極的にランクアップさせて活躍させましょう。
posted by 魯粛 at 22:55| Comment(2) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

特カード考察33細川ガラシャ

細川ガラシャ画像.png

公式ガイドブックの付録(メイン?)の細川ガラシャです。
自身の性能もさることながら、最大の特徴は強力な砲防スキル・祈祷の極みでしょう。
合成素材としても超一流ですが、このコーナーでは合戦で使う事を前提としていますので、そちら方面で考察していきたいと思います。
戦力として使うなら、もちろん砲防部隊に据えましょう。
と言うか砲防部隊に組み込む予定がないなら合成するか売り払ったほうがいい・・かもしれません(ちょっと言い過ぎ)
今後入手難易度が高くなる事を考えると、しっかりと手塩にかけて育てていって損はないカードです。

スキル付与も砲防を意識したものでOKです。
せっかく希少価値の高い戦力なので、少々欲張って特カードを合成してもいいカードです。
デフォルトで釣瓶撃ちを持つ、下間氏などを合成すれば強力な戦力になるでしょう。
その際、自分がどの兵種を載せて避雷針となるかを考えたスキルにするのが望ましいですが、そこまで望んでも狙ったスキルが付くとは限りませんので、とりあえず砲防でそろえば万々歳でしょう。

パターン@
細川ガラシャ(祈祷の極み)×ねね(釣瓶撃ち)合成候補

釣瓶撃ち
鉄砲隊剛撃
鉄砲隊円陣

パターンA
細川ガラシャ(祈祷の極み)×加藤嘉明(弾幕防壁陣)合成候補

弾幕防壁陣
槍弓猛襲
真田丸

パターンB
細川ガラシャ(祈祷の極み)同一カード合成候補

鉄砲隊円陣
砲撃・羅刹
組撃ち
八咫烏

パターンAの弾幕防壁陣持ちなら、弾幕が付けば弓、真田丸が付けば槍で砲防部隊編入できるので良さそうです。
弾幕防壁陣持ちは価格が高めなので、お財布と要相談です。
同一カード合成も魅力ですが、どうせなら他のレアリティの高いカードに合成したいところです。
唯一の例外は本願寺顕如です。

本願寺顕如(鉄砲隊円陣)×細川ガラシャ(祈祷の極み)合成候補

砲撃・羅刹
組撃ち
八咫烏

本願寺顕如がデフォルトで鉄砲隊円陣を持っているので、候補が繰り上がってこのようになります。(鉄砲隊円陣を付与できたカードでも同様です)
まだ公式ガイドブックが出回っているころは本願寺顕如に砲陣の極み+八咫烏とか言うトンデモない組み合わせも狙えたでしょうが、公式ガイドブックが絶版に近い状態となった今となってはそんなカードを目にする機会もないかもしれませんね。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 23:44| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

特カード考察32後藤又兵衛

後藤又兵衛画像.png

コスト2.5の優良カード、後藤又兵衛です。
中コスト・良コスト比・良スキルと、持っていると何かと役に立つカードです。
運用法は、統率上位の赤備えか武士になると思います。
うまくスキルを対応させる事ができれば、山県昌景同様主力として長く使っていけるでしょう。

付与スキルは、デフォルトスキルで鬼刺を持っている事から、下手にひねらず上クラススキルを中心に実用性重視で行くことをオススメします。
上クラススキルなら、保険を利かせながらスキルを揃えられます。

ステップ@
騎馬隊挟撃合成

騎馬隊挟撃→騎馬攻バージョンへ
弓隊挟撃→売却
槍隊挟撃→槍攻バージョンへ

ステップA
騎馬攻バージョン
騎馬隊奇襲→奇襲・突撃両面待ち
迅速行軍→迅速・突撃両面待ち

ステップA'
槍攻バージョン
槍隊奇襲→奇襲・突撃両面待ち

後藤又兵衛に限った合成ではありませんが、鬼刺が槍馬対応スキルなので、騎馬隊挟撃の2つの候補を有効に使えます。
騎馬隊剛撃や乗り崩し持ち(山県昌景や吉川元春など)は、同一カード合成が魅力的なので、そちらを狙う価値があります。
後藤又兵衛同一カード合成はハズレスキルが多く、実入りが少ない組み合わせです。

スキル一致カードをかなりの高確率で作りやすく、初心者や課金を抑えたプレイでも安定した戦力に育てやすい、個人的にオススメのカードです。

後藤又兵衛(鬼刺)同一カード合成候補

槍衾
宝蔵院流
乗り崩し
槍撃・修羅
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 23:25| Comment(2) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

特カード考察31江

江画像.png

部隊スキル・三姉妹繚乱構成カードの江です。
特徴は何と言っても全速スキル・桜花乱舞でしょう。
運用法もこの速度を活かさない手はありません。
コスト比良好、兵士数自体は少ない関係上防御スキルを付けて加勢要員にするも良し、兵器運用術などを付けて攻城加速部隊にするも良しです。
他の3枚のカードで兵士数を補えるなら、多少心もとないですが赤備えでの攻撃も実用範囲内でしょう。

付与スキルはやはり速度系でそろえるのが良いでしょう。
江同一カード合成ならば、3つのの候補を有効に使えるのでオススメです。

江(桜花乱舞)同一カード合成候補

電光石火
火龍の術
騎馬隊円陣
疾風迅雷

安価に済ます且つ効果的なスキルでは、迅速行軍があります。
コストパフォーマンスはかなり高いので、これを軸に据えると陣張りに速度ブーストに大活躍です。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 23:36| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

特カード考察30初

メインワールドも3期目を迎え、内政に同盟運営にと忙しくなりそうです。
各所で新章の話題が盛り上がっていますが、空気を読まずに通常運営に戻ります。
無事リセット〜開始までを乗り切ったので、ひとまずワールドネタも封印です。

久々の特カード考察は、節目の30回目です。

初画像.png

部隊スキル・三姉妹繚乱構成カードの初です。
コスト1.5避雷針カードでも上位に入る性能を持つ優秀なカード設計となっています。
デフォルトスキル弓陣下り藤は弓馬構えの上位互換スキルで、優秀なスキルです。

運用法は弓もしくは馬防ですが、弓一本で間違いありません。
部隊スキルは、構成カードがどれも兵士数が少なく効果も弱い事から爆発力が期待できない為、この際考えなくても良いでしょう。
付与スキルは同一カード合成で弓馬構えと弓陣の極み狙いができれば理想ですが、可児合成で土壁の術が付いて使いどころがない素材が余っているようなら、これを合成してみるのも手です。

パターン@
初(弓陣下り藤)同一カード合成候補

弓馬構え
騎馬隊剛撃
弓隊剛撃
弓陣の極み

パターンA
初(弓陣下り藤)×可児(土壁の術)合成候補

新陰流
土壁の術
矢雨備え

パターン@でうまく弓馬構えを引けば、3枠目は鉄壁の備えでも付与できれば、弓を持たせたまま弓隊でも騎馬隊でも編入できるので便利です。
資産の関係でトライできない時は、もちろん安価に上クラススキルでもOKです。
その際はコストの都合上守護よりは布陣・堅陣がオススメです。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 14:23| Comment(4) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

特カード考察29お市

お市画像.png

お市は信長の妹で、茶々・初・江の母でもあります。
低コスト・優秀なスキルと、避雷針役として使えます。

現在のところ娘3人と絡む部隊スキルは実装されていませんが、今後もし部隊スキルに絡むなら織田信長か浅井長政になりそうですが、惜しむらくは信長も長政も防御向きではないと言う事でしょうか。

運用法は弓を持って避雷針役でしょう。
特にひねらなくとも弓防スキルで固めて弓隊に入れるだけです。
性能的にも土壁の術や矢雨備えなどがあれば一級品になりそうですが、そこはお好みで。
可児氏同一カード合成で土壁の術が付いて使い道がないものがあればチャレンジしてみるのも悪くないかもしれません。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 23:57| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

特カード考察28大谷吉継

大谷吉継画像.png

電光石火追加要員としてすっかりおなじみの大谷吉継です。
電光石火追加要員と言えば、他に真田幸隆や服部半蔵がいます。
しかし、上記の2人は戦力に数えにくいのと違い、しっかりと戦力としても計算できるのが特徴です。

そのための運用法はやはり長弓防衛一択でしょう。
奇を衒わずに弓防スキルを付与してやるだけでOKの簡単な仕事です。
もし兵種が違うスキルが付いたらそのまま電光石火素材とできるので気楽にトライできます。

大谷氏は兵法の初期値が490と高く、軍師カードの適性があります。
成長率が2なので、ランクが上がれば上がるほど他の軍師カードと差が開いてしまいますが、ランク0レベル20なら太原和尚とほぼ同等の650、ランク1レベル20でも810と高水準の兵法値です。

最近の武将カードの追加(浅野長政)により、戦力(軍師役)としても浅野氏の方が計算しやすくなったので、晴れて電光石火専属となった感が否めません。
後発カードに性能で抜かれるのはある種の宿命なので、このあたりが先発カードの辛いところですね。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 23:11| Comment(2) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

特カード考察27濃姫

濃姫画像.png

コスト1の特カードである濃姫です。
兵士数も1000しかないので、攻撃に使うには厳しいですが、持っていれば何かと便利なカードです。
秘境要員としてはもちろん、陣張りやノックなど、合戦時は主に裏方に回って力を発揮するカードと言えるでしょう。

特カード考察では、一般的に合成素材や秘境要員といったカードでも、合戦で使う事を前提としていますので、この目的に沿った使用法を考えていきます。

運用法は、大きく分けて2つあります。
前述の、対陣攻撃(陣張り含む)に特化するか、コスト比を活かした防衛カードにするか、です。
対陣特化ならば、迅速行軍と兵器運用術を付与しておけば、強制ノックから陣張りまで幅広く使用できるでしょう。
兵力が少ないので、陣レベルを2以上にされると槍部隊では落とせなくなるので、槍でノックするなら陣レベル1と使用法が多少窮屈になります。
ここは是非とも兵器運用術を付与して兵器でもストレスなく攻撃できるようおきたいところです。

防衛カードとするならば、基本的に付与スキルは槍防スキルです。
部隊が出払っている間に陣を攻められた時にセットすれば、ノックを撃退できるかもしれません。
何もしなければタダで陣を失うところを、守れる可能性が出るだけでも合戦行動がグっと楽になるはずです。
そもそも兵士数が少ないので、ノック対策だけなら防御振りにしておけば何もつけなくてもOKです。
鉄砲防衛の避雷針にする場合は、砲防スキルを付与したほうがいいのですが、そこまで手間をかけられるかはこのカードへの愛次第でしょう。

このように意外と便利な濃姫ですが、一つ弱点があるとするならば、コスト1ならわざわざ濃姫でしなくても、安国寺恵瓊とかでも同じ役目ができてしまうところでしょうか。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 13:16| Comment(0) | 特カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。