2014年02月27日

ブログ移転します

残り容量ほとんどなくなったので、ブログを移転する事にしました。
新ブログは→ラバウルより愛をこめて〜まったり提督の艦これ生活〜 です。
このブログはixaを入れたアドレスでしたが今では全く戦国ixaに触れる事もなくなったので、ブログタイトルも一新してより艦これを中心に、カープやサンフレなど広島スポーツやゲームなどについて触れていこうと思います。

***
移転作業で本格的な運営は3月1日からを予定しています。
各海域攻略記事やプレイガイドは現在の仕様に則ったものに修正して再アップする予定です。

これまで愛でブロをご愛顧いただきありがとうございました♪
新しいブログでもどうぞよろしくお願いいたします!
リンク先の方は、お手数ですがアドレスの変更をよろしくお願いいたします。

ラバウルより愛をこめて〜まったり提督の艦これ生活〜
http://fleetcollection.blog.fc2.com/
posted by 魯粛 at 05:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

しらゆき×白雪

本日国道31号線を広島方面の自宅に向かって走行中・・

練習艦しらゆき.png
↑14時ごろ、狩留賀海浜公園付近より江田島方面を望む

海自呉基地が近い場所ですが、係留中は見る事があっても、航行中を目にする事がなかなか無い海自艦艇と遭遇しました。
艦番号3517は練習艦(TV)「しらゆき」です。
白雪の名を冠する艦艇は、太平洋戦争時の駆逐艦・白雪に続き、3代目となります。
元は護衛艦(DD)で、艦番号123は覚えやすくファンからは「しらゆき姫」と親しまれているとか何とか。
それにしても、速度が速かった!
車を路肩に止めて鞄に携帯しているデジカメを探して取り出す間にどんどん距離を縮めてきて、構えた時には目の前を通過しようとするところでした。

????「カメラ構えるの、おっそーい」

どこかの速きこと何とかの如しに言われたような気がしますw
画像ではわかりにくいですが、しらゆきの向こう側にはフェリーが居て並走していました。
先月には近海で輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突事故を起こして2人が死亡しましたが、狭い瀬戸内海では船同士の事故がいつ起きても不思議ではないと思いました。

***
我が鎮守府にいる先輩艦艇・白雪もコモン艦ながら頑張っています。

艦これ・白雪A.png
↑駆逐艦では上位レベル

夕立や雪風、時雨など改二・レア艦は軒並みレベル70を超えましたが、最初期に入手したコモン艦である彼女もそれに追従しつつあるレベルです。
しばふ氏のイラストは一見地味なんですが、じわじわ良さがわかってくる非常な絵柄です(本人はブレない紳士ですが!)
「艦これ好きに100の質問」では恋人にしたい艦娘に挙げましたが、この普通さがたまらないっすw
posted by 魯粛 at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

イルミネーションロード呉

忘年会シーズンも佳境ですが、本日は夜勤明けでそのまま帰宅せずに忘年会突入と言うハードスケジュールでした。
当然ゲームプレイはお休みなので、前日から2回目の潜水艦派遣作戦に出しておきました。

艦これ329.png
↑第二次作戦

呉鎮守府では現在「イルミネーションロード呉」と言うイベントが始まっています。
軍港・呉らしく、1/20戦艦大和や赤城などがライトアップされています。
今回はデジカメを持って行くのを忘れたため撮影は出来ませんでしたが、また機会があればアップしたいと思います。
※艦これにあわせたイベントではなく、毎年開催されているものなので直接関係ありません。
ラベル:艦これ
posted by 魯粛 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

海自フィリピン支援に旅立つ

先日のフィリピンに甚大な被害をもたらした台風30号被害の救援のため、海上自衛隊が現地入りする事になりました。
リアル呉鎮の魯粛提督、護衛艦「いせ」を見送りに行ってきました。
この日は夜勤明けだったので眠気がマックスでしたが、寒さが身に染みたのでいやでも目が覚めました。
呉市宮原町の某高台からの遠景です。
私が子供のころ父親が良く潜水艦を見に呉港に連れてきてくれましたが、艦船を見る時にはこの高台によく登っていました。
今日は20年以上ぶりにここへ登ってみました。

※撮影時間:11/18 13:00頃※
呉鎮4.png
↑輸送艦「おおすみ」と護衛艦「いせ」

補給艦「とわだ」は前日既にフィリピンへ向けて出港しているので、この日は輸送艦「おおすみ」と護衛艦「いせ」の2隻しか見られませんでした。
この後、2隻も出港予定となっていました。
手前が輸送艦「おおすみ」、奥が護衛艦「いせ」です。

呉鎮3.png
↑「いせ」

すごく・・空bいや、おっきな護衛艦です。

呉鎮1.png
↑「おおすみ」

船体番号がちょうど柱の陰になっていますが、4001です。

呉鎮2.png
↑場所移動して撮影

場所を少し高いところに移して違った角度から「いせ」を撮影です。
艦上で何か式典みたいなものをやっていたのか、人がたくさん整列していました。
ちょうど煙が上がっていましたが、号砲か何かでしょうか?

***
呉市は場所柄、海自や海保関係者を家族に持つ人が少なくありません。
私の職場でも海自の人と結婚したり、海自の夫を持つ人が居たりと、結構身近な存在です。
これから現地では大変な作業が待っており、過酷な任務に出発する皆さんを見送る事くらいしかできませんでしたが、少しでも現地の復興に、そして無事な帰還を祈っております。
posted by 魯粛 at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

CS王手!

※公式戦※

広島5-3中日

先発の野村裕輔は初回四球と連打で3点を失う不安定な投球で試合は幕を明けます。
しかしここから崩れず6回を3失点にまとめると、打線が中日の守備の乱れを突きじわじわ加点します。
1点を追う7回には丸の三塁打で同点とすると、続く菊池もセンター前へ弾き返し1点リードとします。
とどめは8回、エルドレッドのバックスクリーンへ飛び込む特大ソロで勝負あり。
中日はセットアッパー浅尾がリードを守れず痛い敗戦です。
これでCS進出へのクリンチナンバーは2となり、明日中日に勝利すればCS進出が確定します。
巨人-阪神-巨人と続くCSロードを6勝3敗と勝ち越して終われたのは大きく、この勢いで今の中日を完全に呑み込み、来年以降苦手意識を植え付けておきたいところです。
明日の先発はバリントンです。
この勢いで一気に決めちゃいましょう!
posted by 魯粛 at 03:01| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

リンク更新

リンク集を大幅に改装しました。
・前身ブログ「戦国IXA カードを愛でるブログ」時代にお知り合いになった方を含め、更新が停止しているリンクは削除
・広島カープ関連リンク追加
・艦これ関連リンク追加

既に私が戦国IXAからは手を引いており、今後イクサ関連の記事も挙げる予定もない(と言いながら一つだけ挙げる予定はありますが)いつかは改装するつもりでしたが、艦これとカープメインになった今改装させていただきました。
ラベル:艦これ
posted by 魯粛 at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

対巨人2連勝!

※公式戦※

巨人0-10広島

先発は予告通り前田健太と管野の1戦でした。
ともに2ケタ勝利しており、タイトル争いでも重要な1戦でもありましたが、フタを開ければ前田健の貫録勝ちと言ったところでした。
管野はこれまで広島戦で好投していたので、本日はロースコア対決になるかと思っていましたが、管野の制球が定まらず、そこを広島打線が突いた形に。
2回裏には前田健自身が管野の投じた初球をきれいにセンター返しで先制点を取ると、そこから一挙4点の先制パンチを浴びせます。
7回にも菊池の走者一掃などもあり5点のビッグイニングを作り巨人を粉砕しました。
前田健は中4日のタイトな日程もなんのその、わずか87球で7イニング2安打の余裕の投球で14勝目を挙げました。
先日産まれた愛娘に捧げるパパ初勝利となりました!

この3連戦の意味はあまりにも大きく、単なるCS争いのための1勝ではありません。
既に巨人とはシーズン負け越しが決まっており、今季の広島が序盤〜中盤にかけて浮上のタイミングを逃してきたのは、いつも上位への勢いが付いてきたところを巨人に叩かれてまた下に落とされると言うパターンでした。
しかし、CSが現実味を帯びてきた今、この終盤に巨人に対する苦手意識を払拭しておく事が大事です。
例えそれまで10連敗していても、最後に3連勝できれば相手にはいやなイメージを与えられるので、ここで勝つ事は味方を奮い立たせるうえでも必須です。
その意味でも、天敵菅野を打ち崩しての本日の勝利はあまりにも大きいです。
これでチームも5連勝、気が付けば借金返済もそこに見え、苦手の9月も躍進続きと、ムードは高まるばかりです。
前田健の今後の予定はおそらく9連戦最後のドームで、再び管野との投げ合いになる可能性があります。
最後にもう一発管野を叩いて、逆に広島に対する苦手意識を植え付けてやりましょう!
posted by 魯粛 at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

初めましてとお久しぶりです

初めまして、魯粛と申します。
今まで戦国IXA関連からお越しくださった方はお久しぶりでございます。
ブラウザゲーム「戦国IXA」を題材にしたブログ「戦国IXA カードを愛でるブログ」を1年半営んできましたが、このたび全く違ったブログとして帰って参りました。
これからプロ野球シーズンを迎えるに当たり、このタイミングで新たなスタートを切っていこうと思います。
「戦国IXA カードを愛でるブログ」改め「戦国セリーグ カープを愛でるブログ」をどうぞよろしくお願いいたします。

当ブログは広島カープファンであるブログ主・魯粛がカープネタを中心にプロ野球に関する雑記を書いていくだけの徒然日記です。
その間にレトロゲームに関する事でも書いていこうかなあと思っています。
私自身どのような方向性にするか全く決めていませんが、前身ブログ同様適当にダラダラと続けていこうと思いますので、よろしければ覗いてやってください。
ラベル:カープ プロ野球
posted by 魯粛 at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

戦人に贈る最後の更新・戦国IXAブログを作ってみよう!

大変長らくお待たせしました。
それでは、「戦国IXA カードを愛でるブログ」がこれからの戦国IXAを盛り上げる戦人に贈る最後の企画です。
戦国IXA界を盛り上げる一助になればとの思いで綴る、正真正銘最終回です。
それでは行ってみましょう!「戦国IXAブログを作ってみよう!」

***
戦国IXAとブログ
まず、ブログを書こうと言う動機は人それぞれですが、根底にある思いはだいたい一緒です。
カード自慢・合成結果・面白い報告書など、自分一人で楽しむにはもったいない事を「他人と共有する事」が大きな目的でしょう。
アフェリエイトと言う目的もありますが、今回の趣旨とそれるので割愛します。
アフェリエイトは、一言で言えばブログを使った小遣い稼ぎ・・でしょうか。
私自身意識した事は無いので、興味があれば自分で調べてみてください。
戦国IXAと言うゲームは基本自分の画面を他人に公開する事はできませんので、お隣様のゲーム画面は誰もが知りたい事ではないでしょうか。また、いわゆる廃課金者と言われる層のデッキがどんなものか知る貴重な空間とも言えます。
その意味でも非常にブログと相性が良く、見せ方次第で非常に面白い内容にできます。
それらの情報を、特に奇を衒う必要もなく、自分が閲覧者に伝えたいことを思ったまま書けばOK!
・・なのですが、それがわかれば苦労しません。
これからブログを書こうとするにあたって、心配事第一は「どんなネタがあるか」でしょう。
そこで、まずは「ネタ」と言われるものにはどんなものがあるか、挙げてみたいと思います。

・カード合成
・プレイ日記・合戦絵巻
・一戦系
・クジ引き
・攻略記事
・考察・検証記事
・企画記事
・雑記

ざっと思いつくだけでもこれだけネタがあります。
この中で自分が伝えたいものに近いものをチョイスしていけばいいでしょう。
次に、それぞれ具体的にどんなことに注意すればいいか考察していきます。

@カード合成
カード合成とクジ引きは戦国IXAブログの花形と言っても過言ではありません。
基本的に両者は運否天賦なので、どのような結果が出てもその結果に一喜一憂でき、読者の反応がダイレクトに返ってきます。
カード合成の記事を見ていけば、だいたいブログ主がどの程度の資産状況で、どのような考えでゲームを楽しんでいるかが分かってしまいます。
特以上、天や極をガンガン溶かすような資産が潤沢なプレイヤーのブログは特に人気が高いですが、自分のブログを盛り上げるために普段やらない天極合成に手を出して後悔しないよう注意しましょう。
合成はその場でできてネタとしての即効性も高いですが、ネタが枯渇して合成で食いつなぐ場合は全く溶かす予定が無かったカードもネタのために犠牲にする事も考えられますので、ブログのために身を滅ぼさないようにしたいところです。
記事にする際は、合成の画像を添付して、一緒に楽しみましょう。

Aプレイ日記・合戦絵巻
こちらは主に合戦プレイバックです。
自分が参加した合戦の出来事や参加状況、戦闘結果などがネタとして挙げられます。
毎回合戦に参加できるプレイヤーなら、定期的に記事を挙げられるため、ネタ切れになりにくくブログを長く続けることができます。
また、合戦に参加した同国・敵国読者からも感想などのコメントが寄せられやすく、非常にコミュニケーションが取りやすい良質のコンテンツと言えます。
逆に言えば全く関係ないワールドの読者にとっては合戦結果は興味が薄いので、合戦結果だけのブログだとそれなりの演出や記事でないと飽きられやすいように感じます。
記事の特性上、報告書が多くネタとして取り上げられますが、注意したいのは個人を特定できる情報の扱いです。
基本的に画像を添付する際は城主名や同盟名などは加工して消すのが良いです。
特に良く見られるのが、ソロでの撃破(防御)報告ですが、これは自分の育成してきたデッキの晴れ舞台とも言えます。
それゆえ、どうしても相手に対して優越感を持つ記事になりますが、このような記事ではやはり個人を特定できる情報は消すべきです。
仮にその撃破された方が記事を見た時に、晒されて不愉快な気持ちになりやすいので、配慮が必要です。
逆に、相手に了承を得ている場合は遠慮なく名前を出してネタにさせていただきましょうw
戦国IXAは合戦ゲームです。
存分に合戦の魅力を発信していただければと思います。

B一戦系
いわゆる「一戦撃破」「一戦防御」に関わるネタで、合戦や合成とも関連が深い項目です。
数字を極限まで高めるためのカード集めや合成、合戦での戦い方まで、読み物として非常に面白いネタと言えます。
一戦系の数値を上げるためには並々ならぬ努力が必要であり、この数値は(相手との兼ね合いもあるとはいえ)カード資産の強さを計る大きな要素です。
この数値を更新する事に目標を定めているプレイヤーも決して少なくは無く、自分の戦国IXAに投資した愛を示す場でもあります。
思う存分内外に示しましょう!
ただし、上記の項目でも触れましたが、報告書は相手ありきなので、情報の取り扱いには注意しましょう。
特性上私に代表されるような一般イクサーがこれをネタにしても盛り上がりに欠ける事が多いので、合戦強者専用ネタと言えるでしょう。

Cクジ引き
合成と並んでネタの定番です。
これも記事を見るだけでその人がどれだけの資産を投資しているかがダイレクトにわかります。
当たりハズレが交錯する金クジ履歴がずらーーーーっと並ぶ記事は、まさに圧巻の一言です。
豪華な履歴が並ぶブログはやはり人気が高いです。
合成と並んでネタとしての即効性が高く、こちらも予定外のクジ引きをして後悔しないように注意しましょう。

D攻略記事
戦国IXAをプレイするうえで知っておくと便利な情報や、仕様をわかりやすく解説するネタです。
自身が戦国IXAの仕組みを理解している必要があるので、これはゲームを遊びこんだ人に向いています。
攻略記事は情報収集と検証に非常に時間がかかるので、一本記事を挙げるだけでも非常に手間がかかります。
そのうえ、強力なライバル「戦国IXA wiki」の存在があるので、手間をかけた割に見向きもされない可能性も高いです。
攻略記事として一定の水準を満たすには、wikiで既にまとめられている情報にプラスアルファしたネタを盛り込む必要があります。
wikiで語られているのはあくまで一般的な事項が多いので、そこに書き手の経験と使い勝手などの「生きた情報」を加えれば、wikiとは一味違った魅力的な記事になるでしょう。
ただし、そこまでのクオリティにするには自分が戦国IXAをかなり深い部分まで遊ばないと気付かない事も多いので、ネタとしてのハードルは非常に高いです。
そのハードルの高さから、攻略ブログは数が少なく非常に重宝されており、やりがいがあると言えます。

E考察・検証記事
攻略記事を更に一歩踏み込んだ、非常に濃いコンテンツに成り得るネタです。
ゲームの仕様を実際に試して証明する記事や、誰も踏み込めない領域にメスを入れる意欲的な記事など、検証記事を一本完成させる事ができればそれだけでブログの存在価値があると言えます。
それだけにネタとしての難易度は最高級であり、だれもがおいそれと手を出せる分野ではありません。
数字を追う事になるので、やはり理系に強い人が有利なのは言うまでもありませんが、加えて検証記事としての斬新な着眼点、協力者を集める事から始まり、検証を長期にわたって遂行して結論に導く実行力など求められます。
ここまでくるとネタと言うよりは一大プロジェクトと言えます。
ゲーム自体は直感や経験則だけでも普通に遊べてしまいますが、そこに数字の裏付けがあればより綿密な行動がとれます。
私のような文系人間・または閲覧する側からすれば検証系ブログは非常にありがたい存在です。

F企画記事
文字通り企画を行う過程を記事にしたものです。
プレイヤー間のやり取りや取組、独自のプレイスタイル開発など、企画としてのネタは様々です。
そもそもブログを書く事自体が企画の親玉と言っても差し支えないので、特に深く考える必要はないでしょう。
自分が戦国IXAを遊ぶうえでやってみたい事、やっている事を追うだけで十分企画として成立します。
例えば剣豪をランク5にする、特定のスキル付与を試みるなど、この道のりを書くだけで魅力的な読み物になります。
あとは書き手独自のアレンジを加えれば、オリジナリティのあるブログになるでしょう。

G雑記
戦国IXAに関連したものから、全く関係のないものまで幅広いネタで、主に書き手がどんな人か知ってもらうためのものです。
仕事であったり、趣味であったり、はたまた武将のエピソード紹介だったり、本当の意味での日記です。
ブログ主を知ってもらういい機会なので、思う存分書きたいことを書きましょう。
ある意味一番気楽に書けるネタです。
雑記の中にはゲームの変化について(主に新仕様やアップデート情報など)も含まれますが、ネタとして書き記す場合には少し配慮が必要です。
特にゲームそのものや運営様への過剰の批判は避けるべきでしょう。
私自身ブログ終盤では些か冷静さを失って運営様への批判記事を掲載した身であるので強くは言えませんが、あまりネガティブな記事と言うのは見ていて面白くないものです。
もちろん意図が分からない仕様や明らかに批判されて然るべきな対応について、擁護しすぎるのも考え物ですが、どんな場合でも読み手を意識しておくべきです。

ブログのメリットとデメリット
上記のように、ゲームをしていればネタは結構転がっているものです。
しかし、ネタはあったとしても、どれだけの時間をブログ編集にかけられるかはまた別物です。
どんなに短くとも、ブログ編集をする以上時間を消費しますので、ある程度メリットが無いと続かないでしょう。
そこで、次にブログを書くとどんなメリットとデメリットがあるか見てみます。

※メリット※
@知名度アップ
これは本人が望む、望まないに関係なく名前が知れ渡る事です。
特に自分の城主名やプレイワールドを公開しているブログでは、合戦中に声をかけられる数が圧倒的に多くなります。
有名なブログでは、ワールドの垣根を越えて名前が売れる人も存在するようです。
戦国IXAを普通にプレイしていると、大多数のプレイヤーは同盟に所属する事になると思いますが、同盟員が主なコミュニケーションの相手となるでしょう。
あとは合戦で書状交換した人や、東西戦の国チャットなどで関係を作って行く事になると思いますが、意外と言葉を交わして関わる人は少ないものです(同盟でも発言しない人はごまんといます)
ブログをやっていると、普段全く関係ない人から声をかけてもらえたりする機会が増え、他人と関わって遊べると言うオンラインゲームの醍醐味を堪能できます。
人と関われば新たな関係もできやすく、ゲームプレイをするうえで選択肢が増えます。
これが最大のメリットではないでしょうか。
A記録になる
ブログは自分がプレイしてきた「歴史」となり、読み返す事で自分がどのようなプレイしをしてきたか確認できます。
その時その時で、自分がどのような考えで動いたか確認できるのはプレイ上貴重な情報となります。
また、ゲームの変遷を知る上でも意義があります。
B宣伝媒体となる
私も過去に何度かやりましたが、宣伝媒体としても非常に影響力があります。
特に同盟募集やイベント開催、ワールドリセット時の動向など、規模の大きいブログや有力プレイヤー(同盟)の動きは他のプレイヤーにとっても貴重な身の振り方の指針となるので侮れません。
過剰な宣伝は逆効果ですが、ここぞの場面で打ち出せば強力な武器になります。
せっかくブログをやるなら、うまく使わせてもらうのも良いでしょう。
Cメリハリ
ゲームプレイにアクセントを付ける事ができます。
目標を設定して、その様子をブログに書けば達成意欲もわきますし、読者と交流を図る事でモチベーションもアップすると、効果は絶大です。
最初はどうしても編集作業の煩わしさばかりが先行しますが、これらの経験があればブログ更新がとても楽しい時間になります。
自分が楽しんで書けば、それは読者にも伝わります。
楽しい事を共有する空間は非常に大切なものです。

※デメリット※
@時間
兎にも角にも時間を取られてしまう事です。
慣れないうちは短文でも膨大な時間がかかりますし、誤字・脱字など校正作業や画像を使った記事ならば更に手間が増えます。
どんなに良質なネタでも、それを伝えるための時間が取れなければ何もないと一緒です。
時間を確保できるかどうかはシンプルにして最大の難関と言えるでしょう。
また、時間は編集作業とは別に、更新頻度としても言い換えられます。
基本的にどんなジャンルのブログでも更新頻度が高いものは人気があります。
どんなに有名なブログであっても、いつ行っても記事が更新されていない・・では、そのうち訪問しなくなります。
戦国IXAと言うゲームでは、頻繁に更新をするのはかなり難しいと言えます。
基本的に、最もポピュラーなネタであろう合成やクジ引きをするにも、「金」「銅銭」がないと何もできません。
アクセス数が全てではありませんが、やはり人間なのでたくさんの人に見てもらえるとそれだけでうれしいものです。
合戦で活躍して報酬をたくさん得る・複数ワールドをプレイする、など、ネタ集めにはある程度努力が必要なので、ゲームに拘束される時間が増えると言うのも時間的なデメリットと言えるでしょう。
逆にアクセス数など全く意識しないなら、風の吹くまま気の向くまま綴ればいいので時間をあまり気にする必要はないです。
A精神的ダメージ
私自身はこれを一番気にしながらブログを書いてきましたが、いわゆる「炎上」するような記事を書いてしまったら精神的ダメージが大きいと言う事です。
そのような記事は読者からかなり辛辣なコメントを多数もらう事になり、このダメージはゲーム続行に影響を及ぼすほどの悪影響となります。
それでなくとも不特定多数の目に触れるので、どんな正論を述べても違った視点から反論されてしまいます(正論を述べる事はネット上では必ずしも正しいとは言えない気がします)
どんなジャンルであれ、感情のおもむくままに書き記すのは、それ相応の代償を払う事は覚悟しておくべきでしょう。
B背伸び
上記2つに比べたら些細な事ですが、人間見栄は少なからずあります。
例えばクジ引きでいいカードが出たと言う記事を上げたいがために、何万円も金クジを引く・特カード合成を成功させた記事を上げるために即落で高い買い物をして合成しまくる、などです。
どうせ記事にするなら他人から良く見られたいと言う見栄のために、自分の遊べる範囲の額以上の投資をしてしまう危険もあります。
ブログで身を滅ぼさないように注意しましょう。

ブログの方向性
さて、実際に自分がブログを書く際に、ある程度目標があったほうが執筆意欲がわくはず。
漠然と書き記すだけより、メリハリが付いて面白い記事も書きやすいです。
自分がどんなブログにしていきたいか、確認するだけでも軸がブレないでしょう。
※人気ブログになりたい!※
上記でも述べたように、人間単純なもので、アクセス数が多い・コメントをもらえたらとても嬉しいものです。
ブログを見てくれる人が多いに越したことはありません。
そこで、そのへんも考慮し、自分のブログをどう他人に見てもらいたいかもある程度考える必要があります。
頻繁な更新・魅力的な記事・知りたい情報を網羅・・
求められるハードルは高いですが、そのぶんやりがいがあります。
広告として、各ジャンルには、ジャンルごとに大抵ブログランキングというものがあります。
これに登録して、読者にアピールするのが最も効果的でしょうか。
ただし、やはり肝心の中身が伴わないと一時的なものに終わってしまうので、それ相応の努力が必要です。
※ナンバーワンよりオンリーワン※
何かテーマを絞って、何か一つでも他のブログに負けないようなものを伝えていきます。
例えばひたすら破軍星や騎神を狙う・カンスト剣豪などを作る・思い入れのあるカードを育て上げる、一戦系を極めるなど、そのテーマを中心にブログ記事を展開します。
テーマを達成するための行動記録すべてがネタとして使えるため、初心者でもとっつきやすいのではないでしょうか。
余談ですが、マイブログが完全にこれに当たります。
私の場合、「武将カード」にテーマを絞り、カードの魅力を伝えるための記事を中心に構成してきました。
おかげで戦国IXAブログではかなり異色なブログにできたと思い、オンリーワンのブログにする事は成功したと思います。

興味がわいてきたら・・
ブログがもたらす効果については、上記を見ればだいたい理解できると思います。
ここまで見て、少しでも「ブログやってみようかな?」と考えた方がおられたら嬉しいです。
ここでは、実際にブログを立ち上げる際に準備するものや知っておくと便利な事について書きます。
@ブログサーバ
これは私がブログを始める時に、とりあえず最初に検索したものですが、「無料 ブログ」あたりで検索して自分に合っていると思われるものを選べばいいと思います。
これは他所様のブログを見ていればだいたいどのようなブログが多いか傾向は分かると思います。
個人的に使いやすいと思われるものをいくつかピックアップしておきます。
詳しくはリンク先から飛べる各サービスを参照です。
(アフェリエイトへの考慮はなされていません)
FC2ブログ
seesaaブログ
livedoor Blog
アメーバブログ
ウェブリブログ
有名どころと言われるサービスなら、ブログを書くだけならどれを選んでも大差ないと思います。
A画像アップロード
各ブログサービスによって画像の扱いが違うと思いますが、まずは自分で画像を保存してアップロードできる状態にできないといけません。
過去の記事で画像の扱いについて触れているので、こちらも参照してみてください。

それでもやっぱりブログは楽しい!
ここまでいろいろと述べてきましたが、ブログを書くと言うのは、慣れて来たらとても楽しいものです。
例えトラブルに巻き込まれて苦しい時期だったとしても、ゲームを辞めたくなったりしても、ブログに寄せられたコメントを見て勇気づけられ、励まされたりします。
そして、自分の戦国IXAライフに新たな風を吹き込んで、更に楽しく彩ってくれます。
しかし、不幸にも環境の変化や、ゲームに対する意欲が落ちてブログ更新をできない・する気が無くなってしまったら・・
無理に続ける必要はありません。
ブログは義務ではないです。
自分が楽しめないものは、読者も楽しめません。
その時はスッパリ辞めてしまいましょう。
まずは気軽に始めてみる、最初の一歩が大事です。

***
今回の記事が、これからの戦国IXA界を盛り上げる皆さんのお役にたつことができればとの願いを込め、これにて「戦国IXA カードを愛でるブログ」閉幕とさせていただきます。
それでは皆様、良い戦国IXAライフを!!
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 21:30| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!
今年もイクサーの皆様、運営の皆様にとって幸多き一年となる事を願います。

***
先日、最後の更新と言いながらいきなり更新する魯粛ですこんにちは。
と言うのも、ブログもゲームも辞める気マンマンで、元日はたぶん2年間で初めてゲームに一度もアクセスしない生活をしていました。
内政や陣張りに縛られない生活に安堵する一方、同盟順位が気になったり、本領が落とされていないか気になったり、市場チェックしたくなったり・・楽しさを残したまま卒業した身なのでついイクサの事を考えてしまう自分もいます。
これだけ未練が残るのだから、やっぱり今が引き際で正解かなあとも思いました。

そして、ブログも1日全く触っていませんでしたが、今日チェックするとすごい数の書き込みがあって、こちらもビックリしています。
今は新年で家族との時間を大事にしていますので、コメント返信の方はまた後日ゆっくりとさせていただこうと思いますので、ご了承ください。

***
コメントを拝読しますに、このブログが皆さんにとって有意義であった事がわかり、筆者としてこれ以上の喜びはありません。
ただの雑記と自己満足ブログが、皆さんのイクサライフの一助になっていた事、これだけで私が1年半続けてきた事が無駄ではなかったと実感できました。
そんな「戦国IXA カードを愛でるブログ」が、最後にこれからもイクサを続ける皆さんに何か贈り物をしたいと思い、恥ずかしながら少しだけ戻って参りました。
と言う事で、ここを読んだ方々が更に戦国IXA界の盛り上げ役になってくれる事を願い、真・最終回の予告とさせていただきます。

次回最終更新予告「戦国IXAブログを作ってみよう!」

私は2年間プレイをしながら、様々なイクサブログを回って楽しませてもらました。
プレイヤーの中にもイクサブログめぐりを日課にしている方も多いでしょう。
その中で、これから戦国IXAブログを作ってみたいと考える人もいるかもしれませんし、もっと自分自身楽しむために立ち上げたいと考える人もいるでしょう。
私もその一人でした。
この企画自体は、私がプレイを続けるうえでもっとたくさんの戦国IXAブログを読みたい!と考えていた時代の物ですが、今となっては今後の戦国IXA界を担う方々の参考になればとの思いでアップさせていただきます。

是非、これからの戦国IXAをプレイヤーサイドから盛り上げるべく、たくさんの面白いブログを世の中に発信していただければと思います。

***
オマケ

ブログ更新のために撮りためてあったネタストック、最後の大放出ですw

まずは7radaさん応援企画「勝手に応援企画」から・・
この企画の数字的な目標としては、3スキルレベル10にすると言うものでしたが、それを達成したうえで未公開の最終ミッションを自分に課していました。
それは、「7radaさんに実際に攻めてもらい、本人に中川氏と黒岩氏のスキルレベル10を披露し、その模様をブログで紹介して企画完了!」でした。
これができなたっかのが残念でした。
ちなみに派生企画として「架空部隊スキル・「武将画の主」を作ってみる」と言うのも考えていました。
これは、戦国武将画コンテスト受賞三氏7radaさん・雄さん・筒井海砂さんのカードで部隊を組んで育ててみようと言う企画でしたが、披露する間もありませんでした。

※勝手に応援企画 中川秀成を育成してみる※
細々続くこの企画、今回は一発勝負です。
少しづつでも強くなれるっていいですね!
さて、スキルレベルアップはどうでしょうか。










中川秀成合成13.png
↑^^

一発で見事成功!
今回は経済的でした♪

続いては白クジから出た前田利家を槍隊仕様にできたので、加勢用に少しづつ強化です。

前田利家合成H.png
↑それっぽく

スキルレベルが3辺りになるとそれっぽく見えますね。
この調子で地道に前進です。
初心者レベルのカード資産のいいところは、自分のデッキが強くなる様を感じやすいところです。
「前の合戦の自分より少し強くなる」
この積み重ねの過程がまた楽し、です。

※勝手に応援企画 黒岩種直を育成してみる※
黒岩氏に再びスキル付与にトライする機会を得ました。
白クジから三好政康を入手できたので、鉄壁の備え逝ってみましょう。
再び剣豪を合成して剣術スキルから鉄壁・迅速両面待ちです。

黒岩種直合成G.png
黒岩種直合成B.png
↑ここまでは順調

さあ、鉄壁来てください!!










黒岩種直合成H.png
↑ダメでしたー

また次の機会・・

***
次は連載企画「続・部隊スキルを育てながら天下クジを目指す!」です。
やる事はひたすら赤備えで空き地に突撃と、絵面が非常に地味だったので、間をつなぐのに苦慮しましたw
ちなみに最近やっていたのはランク2へのランクアップ素材育成でした。
こちらも未完企画となってしまいましたが、ブログ更新のアクセントとなっていたので、非常にやっていて楽しい企画でした。
合戦ネタがほとんどないマイブログに於いて、珍しく報告書が載る企画でした。
昔逃がしたカードをシーズンをまたいで手に入れる事が出来たり、珍しいカードを手に入れる事が出来たり、「人との縁」を実感できました。

※続・部隊スキルを育てながら天下クジを目指す!夢クジ引いてみた※
先日実装された夢クジを企画ワールドでも1枚引いてみました。
企画ワールドでは過去に3枚クエ金で課金クジを引いています。
1回目は多目氏で、運営様からしっかり部隊スキルを育てろとのお告げをいただきました。
2回目は安東愛季とこれまたハズレ。
3回目は金使用期限による消費で銀クジ序レベル20でした。
全く当たる気配のない企画ワールド課金クジ遍歴ですが、さてさて4枚目は何が来るでしょうか。

では貴重な残金から200円分を支払って夢を買います。
白いのを出してメシマズしますかね^^
いざ夢来たれ!!










部隊スキル78.png
↑上

運営<「森三槍をしっかり育成せいよ」

あ、はい・・

森氏は取引でなかなか出ないし落札できなかったので良かったです!
これで森三槍の育成に着手できるから最高です!
金の使用期限も迫ってたので消費できて良かt・・

あれ、文字がかすんdうまkmじが打てn

※続・部隊スキルを育てながら天下クジを目指す!森三槍※
さて、前期から育成が全く進んでいない部隊スキル「森三槍」ですが、先日クエ金で引いた夢クジより森長可が出てしまったので、育成してみました。
森長可がなかなか市場で手に入らず育成が進まなかったので、これはうれしかったです(棒)
対応部隊は・・森三槍構成カード3枚ともデフォルトスキルが攻撃なので、防御起用ならどの兵科でもスキルに縛られないので、無難に素の防御力が高い赤備えを意識して騎馬防カードにしてみようと思います。
まずは長尾政景より騎馬隊守護を狙います。

部隊スキル79.png
↑あれ?

ここで痛恨のミスショット!
騎馬隊守護ではなく弓隊守護が付いてしまいました。
とりあえずスキル1つだけでも騎馬防スキルにしようと、続けて騎馬隊布陣狙いで石川数正を合成です。

部隊スキル80.png
↑あれあれ?

どうしてこうなった。

統率はズレてしまいましたが、結果的に弓防カードになってしまいました。
また買い直しにすべきなのでしょうが、いったんストックしておきます。
特・森蘭丸を入手して育成する時、失敗してもし森蘭丸が弓防仕様になってしまったら起用法をシフトしようと思います。

※続・部隊スキルを育てながら天下クジを目指す!海赤雨堅陣基本性能アップ※
今回は海赤雨堅陣の部隊を強化してみました。
現在の海赤雨堅陣部隊構成カードは・・
真田昌幸:戦陣・千鳥Lv9 鉄壁の備えLv3 騎馬隊守護Lv4
海北綱親:鉄壁の備えLv5 騎馬隊堅陣Lv5
赤尾清綱:騎馬隊堅守Lv4 騎馬隊堅陣Lv4
雨森清貞:騎馬隊堅守Lv4 騎馬隊守護Lv1 騎馬隊堅陣Lv1

この中で、長らく放置していた雨森清貞と、主軸カードの真田昌幸の強化を行いました。

部隊スキル85.png
↑騎馬防強化

銅銭の都合で守護のみ5にし、堅陣はとりあえず4でいったん停止しました。
一応堅陣も5にすべく何度かトライしましたが、失敗が続いたので流れが悪いと判断しました。
まずはこれで海赤雨堅陣自体の強化が最低限できました。
続いて真田昌幸です。

部隊スキル86.png
↑鉄壁と守護

鉄壁の備えを3→5へ、そして騎馬隊守護を4→5へと昇格成功です。
鉄壁の備えの5へのレベルアップで10連続失敗してしまって手痛いダメージでしたが、騎馬隊守護は一発で上がったので2つ併せてまあまあの結果でした。
素材集めで白クジを引いていれば上カードが自然にたまってきたので、失敗続きの戦陣・千鳥にもトライです。

部隊スキル87.png
↑キタ━(゚∀゚)━!

長い下積み生活を経て、やっと戦陣・千鳥をレベル10にできました!
それにしてもやはりこのスキルはすごいですね。
素の期待値が13.5%とか、天に届くスキルではないかと思います。
北条氏康や極・朝倉義景あたりの基本三種防衛カードに付与で来たら最高と言われるだけあります。

今回は地道に銅銭を消費していく作業でしたが、おかげで海赤雨堅陣部隊がガッツリ強化されました!
消費銅銭も15000近くかかりましたが、それに見合う戦果で大満足です♪

***
次は合成の一コマです。
放置されていた枠を育成したもので、枠を埋めるのにも長い時間をかけていた私のまったりプレイの記録です。

※服部半蔵同一カード合成!?※
久々に合成素材を手に入れる事が出来たので、早速合成にトライしてみました。
極・服部半蔵に特・服部半蔵で電光石火を狙ってみます。
同一カード合成と言っても一緒なのは名前だけですが!
さすがに極同士はできませんw
さて、捨てスキルをサクッと2つ付けて電光石火を第1候補に繰り上げて準備完了です。
さあ同一カード合成(名前だけ)逝ってみましょう。










服部半蔵合成H.png
↑ラッキ♪(金井桜風byちはやふる)

忍び衆と相性抜群の速度スキルでまとめる事ができました。
やっと3枠目が埋まりました!
※伊達政宗完成※
2期最初に気まぐれで引いた銀クジよりポロっと出た伊達政宗が、約1年かけてやっと完成しました。

伊達政宗合成23.png
↑弧月完成

全く身の丈に合わない天を手に入れてしまった一般イクサーの、スキルマックスへの長い長ーーい道のりもやっとひと段落です。
3枠目に槍陣・弧月付与の成功したのは過去の記事を見返せば9月22日だったので、2か月以上かかった事になります。
銅銭と序・上カードだけのまったり育成です。
まだまだ育成すべきカードは山のようにあるので、サービス終了までに育成が終了する気配は全くありませんが、このゆっくり進む道のりもまた楽し、です。

※上・上杉謙信合成※
メインワールドでも紅白IXA合戦のイベントカードを入手する事ができました。
今回は上・上杉謙信の同一カード合成にトライです。

上・武田信玄合成H.png
↑合成候補

内容は武田信玄と同様なので、特にこれ以上述べる事もないので、早速逝ってみましょう。










上杉謙信合成R.png
↑・・

\(^o^)/オワタ

ですよねー

ちなみに上・武田信玄も車懸り・剛勇無双両面待ちで同様に同一カード合成をしましたが撃沈でした(あまりにあっけなかったのでSSは撮っていません)

※痛恨の編集ミス※
先日の合成の記事で、痛恨のミスをやらかしてしまいました。
記事の中では天・最上義光に騎馬隊挟撃を付けてレベルアップしていましたが、剛撃を付与した後挟撃を付与した日の記事を上げ忘れていました。
まあ、だから何なの?って話ですがw
他のブログサービスがどうなのか分かりませんが、seesaaは記事を上げたい日にちを入力する事でその日時なれば本人が居なくても自動的に記事がアップされる機能があります。
また、記事を公開/非公開設定する事で、記事を見えたり見えなかったりするようできます。
私はこのブログを連載するにあたって、暇な時間に記事を書きためストックしておいています。
あとはブログを書けそうにない日にストックから小出しにネタを上げていっています。

最上義光合成B.png
↑と言う事で

こちらが前回までですが、この後騎馬隊堅陣を消して・・

最上義光合成C.png
↑挟撃ッ

何のヒネリも無く、一発で挟撃の付与に成功しました。
間に入院を挟んですっかり記事を上げていなかったことを忘れていました。


***
最後に市場マニアです。
数が増えるだけのカードに市場検索が追いつかず、掘り出し物を探すのがが非常に面倒になった事もあり、中盤以降は当初のコンセプトが薄れていきましたが、市場の楽しさを少しでも伝えられたのではないかと思います。
本当に市場検索性能のアップ、お願いします!

※市場初体験※
今回は、2年間戦国IXAをプレイしてきて、初めての場面に立ち会う事ができました。
市場で良く見る出品形態に「10出品」がありますが、まず間違いなく翌日の入札期限まで入札が入ります。
天カードともなると、ここぞとばかりに本気入札・記念入札・あわよくば入札など様々な思惑が渦巻きます。
そして、序カードでもそれは例外ではありません。
さすがに入札数は少ないですが、少しでも素材を安く仕入れようと入札を試みる人がいます。
つまり、「10出品は翌日まで残る事は無い」と言うのが私の今までの認識でした。
それが覆された衝撃映像がコチラです!










売れ残り稲富さん.png
売れ残り稲富さんA.png
↑売れ残りドメさん

「これは是非ネタにせねば!」と、8:15分に入札解禁になった瞬間ダッシュで落札しました。
10出品が売れ残る瞬間に立ち会えた貴重な日でした。

※元祖・風林火山※
某ワールドの市場ですごいカードが出品されていました。

風林火山武田信虎画像.png
↑風林火山の父

なんと、シークレットカードに風林火山が付与されていました。
武田信玄の風林火山は父親譲りだったんですね!
それにしてもレアさで言えば軽く天カードをも超えているような気がします。
素晴らしいカードを見る事が出来たので、記念にアップさせていただきました。

***
まだまだ細かいネタはたくさんありましたが、冗長になるのでこの辺で。
ではでは、最終更新は気合い入れて更新するので、今しばらくお待ちください♪
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 12:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

ご愛顧ありがとうございました!

2012年もいよいよ終わり、新たな年を迎えようとしています。
今年はいかがでしたでしょうか?
リアルでもイクサでもいろいろありましたね。
皆様にとって来年も良い年になりますように!

このブログも毎回たくさんの人に読んでいただき、2011年6月から、約1年半にわたって続けることができました。
いろんな企画を考え、カードを眺め、時には皆さんの素晴らしいカードにワクワクし、合戦や書状でいろいろ声をかけていただきました。
ブログをやっていなければ、同盟員以外と話す機会もほとんどなかったでしょうが、このブログを通じ全く縁がなかった他ワールドや他国の方とも知り合えました。
市場から売られていった名も無きカードの行方を知る事ができると言う幸運な体験もできました。
最大の企画としてイラストレーターの方とも対談する機会も得る事ができました。
そんな貴重な経験をできるプレイヤーは、イクサ界広しと言えどもなかなかないないでしょう。
このブログを書き続けた1年半は、とても充実した楽しい時間でした。
コメントを通じて、たくさんの方と交流でき、なんだかんだ言ってみんな戦国IXAが好きなんだなあと感じる事ができました。

***
そんな「戦国IXA カードを愛でるブログ」も今回で最後の更新となります。
諸般の事情で戦国IXAを卒業する事になり、それに伴いブログの更新もこれにて終了と決めました。
ブログ開設以前から、約2年にわたってゲームを続けてきましたが、ここまでくれば立派な「ハマリゲーム」です。
私にとって、ゲームの思い出は、良い本を読んだ後のような爽やかな読後感を至上としています。
多大な時間と、いくばくかのお金をかけて遊んだゲームが、後で思い返した時に、グダグダ文句を言うような終わり方をするよりは、「ああ、楽しかったなあ・・またやりたいなあ・・」と思えるような終わり方を目指していました。
時間とお金をかけたゲームが残念な感情で思い返されることは絶対にしたくありませんでした。
ここ最近の運営様の手際を見るに、「そろそろエックスデー近いかな」と思い、着地点を探しておりましたが、今日ここで筆を置く事が最上と考えました。

一つ心残りは、企画が未完の物もあり、中途半端なまま更新を終了する事です。
楽しみにしていた方には申し訳ありませんが、戦国IXAには他にも魅力的なブログがたくさんあります。
今後はそちらを楽しんでいただければと思います。
最後に、リンク先のサイト管理人様、誠に申し訳ありませんがリンク削除をお願いします。

ブログで関わった方々、ゲーム内で関わった方々すべてに感謝!!
それでは皆様、長らくのご愛顧本当にありがとうございました!!

ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 21:55| Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

近況報告

前回から少し間が空きましたが、お久しぶりです。
たくさんの励ましのコメントありがとうございました!
現在自宅療養中の魯粛です。
今回は近況報告です。

現在は通院と休養でほとんど自宅にこもりっきりの生活ですが、徐々に回復しています。
仕事の方も復帰の日が決まって、また元の生活が戻って来そうです。
現在は長時間座っているのがきついので、起きて、横になっての繰り返しですが、起きていられる時間もだいぶ長くなってきました。
一度ハデにぶっ倒れてしまうと一気に疲労が襲ってくるので、蓄積された疲労は怖いものだと今回改めて思った次第です。

***
イクサの方は最低限だけログインして、最低限の行動だけやっている状態です。
奇しくもメインワールドは消化戦の東西戦を残すだけでしたので、加勢だけ入れて終了でした。
まとまった時間が必要な東西戦は、体調不良者には陣張りがきっつい!w
私のメインワールドの東西戦は今までも仕事の都合で全く砦・大殿攻撃に縁がありません。
今回も体調不良でほぼ不参加と、最後のお祭り騒ぎもできずひっそりと4期の幕を閉じる事になりました。
同盟の運営も新盟主様にまかせっきりになっている状態で、本当に最後の最後でダメダメ盟主でした。

***
ブログの復帰時期ですが、現在のところ未定です。
12月18日には仕事で一つのヤマが控えているので、おそらくその後になると思います。
ブログ更新を楽しみに待っている皆様には誠に申し訳ありませんが、元気になってまたいつもと変わらない日常をお届けできるようしっかり治したいと思いますので、今しばらくお待ちください。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 18:17| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

入院と来期

お久しぶりです。
既にお気づきかと思いますが、毎日更新が唯一のアイデンティティであるマイブログですが、ここ最近更新が止まっておりました。
その理由は私が入院してしまった事です。

先月末に、仕事中に激しい頭痛と腹痛に襲われて早退しました。
病院で検査を受けたところ内臓の働きを示す数値が悪くなっており、「過労」により内臓が弱っていると診断され、療養のため入院する羽目になっていました。
過労の原因は後述する仕事の関係ですが、ここ最近は夜勤明けで1時間ぐらい仮眠を取ってそのまま会議に出席、帰宅は夜遅く・・と言う生活を繰り返していたための過度の睡眠不足のようです。
私自身は夜勤はもう10年以上続けているし、夜勤明けで残業と言うのも今に始まった事ではないから大丈夫だと思っていましたが、病院の先生曰く、そういう体力を過信した睡眠不足が危ないとの事でした。
5日間の入院で(内臓の数値的には)回復したようで、退院して自宅療養する事になりました。
心配してくださった皆様、ありがとうございました。
何とか生きておりますw

***
実は実質4期務めてきた盟主を今期を以て降りる事にしており、来期は本当の意味でのイチ雑魚イクサーとなる予定でした。
理由は大きく分けて2つです。
@仕事が忙しくなる事が確定して盟主業を行うだけのまとまった時間が取りにくくなる
来年度より私が所属する系列法人が新事業所を開設する事になり、その立ち上げに参加する事、そして新事業所の責任者クラスになる事が決定しました(と言っても規模は小さいし、責任者と言っても所詮肩書きのみの雇われの身ですがw)
これからはイクサで言うならリアル盟主として新しい職場を軌道に乗せるまでは仕事優先の生活になりそうです。
これまでは同盟(ゲームのほうの)運営で書状作成や盟主会出席、合戦指揮などを多角的にやっていましたが、来期は厳しい状況になりましたので、新しい世代に盟主を託すことにしました。
盟主はある程度動けなければ意味がない、それが私の盟主ポリシーでもあります。

A盟主には向上心が必要
これは私個人の問題ですが、最近の不具合連発と運営様の一連の対応の不手際により、イクサに対するスタンスが変わった事です。
元々「合流をもっと楽しみたい!」と言うかなり個人的な動機から始まった盟主への道ですが、仲間と合戦して合流をする事が楽しく、そのために煩雑な同盟運営や苦情処理なども「同盟員のため」と思い取り組んでまいりました。
しかしながら、いつしか所属同盟は少しは名の通った同盟として認識されるに至り、同盟として求められる働きと同盟員の期待の大きさの狭間で苦しんだ時期もありました。
この運営様の状況で、今後改善が見込めるならばまだ頑張り甲斐もあったのですが、リアルの時間と精神力を削ってまで盟主業を続ける気力が続かなくなってしまったのが大きな原因です。
このようなマイナス思考な人間がいつまでも盟主に居座っていては同盟としての成長が止まってしまうので、これからはもっとやる気と向上心がある人が盟主をやるべきだと考えました。

***
このような状況ですが、盟主として今期はまだわずかながら残っており、報酬確定戦前後の大事な時期に長期離脱する羽目になってしまった事は本当に締りがない最後となってしまいました。
同盟員の皆様、本当に申し訳ありませんでした。

これも入院が無くとも近ぢか発表する予定でしたが、マイブログの今後についてです。
今までは毎日更新を心がけていましたが、状況が変わった事により年明けぐらいから更新頻度が落ちる予定です。
ブログ閉鎖も考えていましたが、企画を完遂しないうちに閉鎖するのもアレなので、最低でも(イクサを続ける気力があれば)企画完遂をしてからにしようと思います。
あくまで予定なので、今後のイクサとブログの行方は、全ては仕事の状況次第ですw

一応毎日更新記録も止まってしまった事だし、この機会にしっかり体を治してからまた再開しようと思います。
しばらくお休みさせていただきますが、またよろしければ覗いてやってくださいませ。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 12:55| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

夢なんてなかった

さて、期間限定で実装された「夢クジ」なる資金回収テコ入れコンテンツ新基軸です。
私は既に課金クジは引退している身ですが、たまには運営に踊らされるのもいいでしょう。
と言っても引くのはサブワールドでのクエ金を使用するだけですが、何枚か引いてみました。

戦国クジ夢@.png
↑夢クジ特2枚↓
戦国クジ夢A.png

複数ワールドで計8枚引いてみましたが、見事撃沈。
知ってたw
特カードが出たワールドもただのカード集め兼市場確認用ワールドなので意味がありません。
まあ、イベント期間中3枚引けるので、金クジ1枚分で特2枚以上引ければ従来よりはお得と言った感じでしょうか。
今回は残念な結果でしたが、極以上を引くと言う夢を見させていただきました。

と言うだけでは何とも敗北感が強いので、何か1枚でも前進しておきましょう。
とりあえず、雑賀孫六は戦力として使えるので、何とか砲防仕様に誂えてみるべく合成トライです。

雑賀孫六合成@.png
↑鉄砲隊守護

まずは手持ちからサクっと鉄砲隊守護の付与に成功です。
鉄砲隊守護以外だと速攻取引所行ですがw
あとは迅速持ちから迅速行軍・鉄砲隊布陣の両面待ちです。
どちらが付いても有効活用できる組み合わせです。
鉄砲隊布陣が歓迎されるのはなかなかに珍しいです。

雑賀孫六合成A.png
雑賀孫六合成B.png
↑迅速・鉄砲隊布陣両面待ち

得てしてこういう時は望まぬ第3候補が付いたりするんですが、はてさてどうでしょうか。










雑賀孫六合成C.png
↑加勢用カード出来上がり

迅速持ちを4枚消費して、見事第1候補の迅速行軍を付与する事に成功です。
これで加勢用カードとしても使えそうです。
とりあえず夢クジが夢散(無残)な結果にならなくて良かったです。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

説明不足はだめとあれほど・・

やっと運営様より今回の一連の不具合に伴う投票についての説明がなされました。

公式アナウンス13.png
↑ふーん(棒

運営様は当初、攻防決定に「オートマッチング」方式を取ると言いました。
これを受け、毛利家の盟主会では「自動で決まるなら布告もいらないし楽ですね」みたいな流れになって、その後布告を狙ってできず(ほぼ布告受けで)4連続防衛戦になりました。
その後「布告は出来るらしい」と言う情報が流れ、それもユーザーからの噂を集めたものですが、公式からの説明は無し。
結局何の事は無い、投票上限9999の(実質満票にならない)いつもどおりの攻防決定だったわけですが、いかに投票方式が破たんしているとは言え、布告だけは重要なのでその辺の説明がなされていなかったのが非常に残念でした。

そして、今になってこの説明・・
しかも今回も布告に関する説明は一切無し。
合戦ポイントの修正メンテナンスも入ってきていますし、不具合修正ができ次第元の投票方式に戻るとの事ですが、合戦ポイントの修正が最後なのか、まだ不具合が残っているのかまで説明が及んでいません。
しかも、こういう説明は修正が終わるメドが立ってから行うものではなく、投票方式を変えざるを得なくなった時にするものでしょう(オートマッチングと謳う方式の流れなど)
これがお金を取ってサービスを提供している、仮にも東証1部上場企業であり「天下の」と二つ名が付くスクエニ様の体制なのかと思うと、そろそろ潮時なのかなあと言う気もします。

プレイヤーが欲しいのは、お詫びでも炎クジでもなく(それはほしいけど)説明です。
最近は運営様に対する物言いがかなりネガティブになっていますが、私もお金を払って遊んでいる人間です。
いつのまにか戦国IXAのブログの中ではたくさんの方に読んでもらえるようになった当ブログで、このような記事を挙げるのはいかがかと思われるでしょう。
このブログに「戦国IXAの楽しみ」を見つけに来てくれている読者様が多い事も認識しています。
その中でこのような記事を挙げる事は非常に申し訳ないです。

更新停止やフェードアウトが後を絶たない戦国IXAブログ界で、一つ誇れるなら毎日更新を続けている事です。
それもこれも、戦国IXAはなんだかんだ言って楽しめるゲームだと思っているからです。
流石に当初ほどガツガツした気持ちは無くなりましたが、マイペースに楽しむ分にはまだまだ余裕で続けられます。
その気持ちが薄れて行く事が怖いです。
運営様、私をまだまだ楽しませてくれい!
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 15:02| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

1枚のカードにすべてを託して

先日、70万で入札があった石川五右衛門の記事を紹介しましたが、その直後なんと70万入札されたご本人様から書状をいただきました。
そこには1枚のカードにかける思いと、手に入れるまでの苦難の道のり、そして戦国IXAにかける情熱が綴られていました。
今回いただいた書状は、運営様の掌で踊らされる毎日、マンネリ化する合戦、不具合連発の運営、相次ぐ引退に歯止めがかからない戦国IXAの現状ですが、そんな中見つけた「明日への糧」です。
私自身大いに励みとなりましたので、ご本人様に無理を承知で掲載させていただきました。

***
皆さんも、もちろん私もですが、ゲームを始めた当初は毎日が楽しかったはずです。
ノックの結果で突撃するかどうかを見極め、地雷を踏むか踏まないかの着弾の瞬間にドキドキする。
コスト比や性能を吟味してはwikiを見ながら合成にトライする日々。
なけなしの銅銭をはたいて買った特カードに望まぬスキルが付いた時の「あーーーー!」と言ったやり切れない感情。

しかし、いつの間にか合戦が、鉄騎馬を作って兵を詰めている陣を見ればノック関係なく突撃するだけ。
合成は判で押したように「とりあえず三段撃・烈火と車懸りを付けておけばいいんじゃない?」と言った風潮(誤解無いよう言っておきますが、これらを付ける事が悪いわけではなく、合成を考える楽しみと言う点でです)
何もかもが数字を上げるための「作業」と化し、当初のワクワクドキドキ感が薄れている気がします。

結局長く楽しむには、ワクワクドキドキする気持ちは不可欠です。
あくなき戦功の高みを望むには、多大なる投資が必要なのは言うまでもありません。
それができない私に代表されるような一般イクサーにとっては、「道のりを楽しむ」しかありません。
例えば「三段撃・烈火を付けたい!」と思った時、金銭的に余裕がある人にとっては、課金クジを引いて出たカードを売りまくって市場で素材を買いあさり、ひたすら合成する「作業」です。
有り余る資産を湯水のごとく使って、スキル付与からスキルレベル10まで1日で完成させてしまうでしょう。
これをイチからやるなら、無駄な出費は削って節約し、毎日カードを育成しては売って、素材を安く仕入れるために市場に足しげく通い、長い下準備期間を経て合成する!
小さなドラマの積み重ねに一喜一憂し、その結果が成功であろうと失敗であろうと、そこには既に貴方だけの「三段撃・烈火付与への道」が出来上がります。
そうした道のりを経て出来上がったカードなら、例え上だろうと特だろうと特別なカードになるはずです。
私は、こう言った「道」をたくさん作る事が戦国IXAを楽しむ秘訣ではないかと思っています。
もちろん成長速度は遅いですが、急いで育成する必要もありません。

皆さんは、自分のカード1枚1枚、どんな気持ちで、どんな苦労をして育成したか、思い出せますか?
その数がきっとイクサを楽しんできた数ではないかと思います。

***
前置きが長くなりましたが、以下が書状の全文です。

五右衛門書状@.png
五右衛門書状A.png

文字が小さくなったので、改めて記事を以下に転載します。

(以下転載)
突然のお便り失礼致します。

魯粛さんのブログを毎日楽しく拝見させていただいている者です。
毎日パソコンを開ける。IXAを開けてチェックする。魯粛さんのブログをチェックする。というのがルーティンとなっているくらいです。カードを愛でる…確かにその名のとおりのブログですね。読むといつもホッコリします^^

さて、今回のお便りは、そんな日課である魯粛さんのブログに私が絡んだネタがアップされていたことです。そんな!まさか!私が魯粛さんのブログにw
石川五右衛門70万を落札したのは私でございます。ブログを見た瞬間の驚きと嬉しさといったらそれはもうテレビに自分が写ってる〜というのと同等の喜びでしょうか。
そして、それだけならお便りはしなかったと思います。お便りする理由になったのが魯粛さんのコメントにありました。

前置きが長くなりますが、私は13鯖より開始し、名を替え家を替え4期目となりました。
微課金程度でやっておりますが、IXAをやるからには勝ちたいです。一騎駈けでもそう、合流でもそうです。ですが廃様との差は開く一方。今は〇〇におりますが、そこの〇〇〇〇〇様ときたら、あの暴れ武者ぶりにはもう、マイッタと言わざるをえません。正直味方で良かった〜という報告書ばかりです。その上、身近な人が毎期ポツポツを引退し、少しずつモチベが下がってまいります。

モチベを上げるためにはどうすれば良いか。前期は魯粛さんのブログコーナーにもある部隊スキルにも同じように挑戦しましたが、それもスキルMAXにすると飽きてきまして(発動しないし、発動しても効果薄、同盟員には反響薄)、前期中に全部売ってしまいました。

今期はどうモチベを上げるか。今週も入れるとほぼ4週連続にわたる鯖の何らかの不具合。なんか運営から肩を叩かれているようです。
どれだけ頑張って天を揃えても廃様には結局スキルでも負けます。4期頑張っても天1枚の私です。さてどうすべか〜と思ったときに目についたのが、五右衛門です。1ヶ月前くらいかな?ランクアップしている五右衛門が出てました。暫くで消えたので、売れたのか下げたのかわかりません。
それを見て、五右衛門って出品されるんだ。頑張れば買えるかもwと思いました。
高額で購入しても元は取れないが、合流に出したり、盟主防衛に加勢したり、東西戦に出したりしたら、これは面白いかもと思いました。合戦がまた楽しくなるんじゃないかw想像しただけで楽しくなりました。こいつに賭けようと思ったのでした。
元からの貯銅もありましたが、カードをガンガン作って売って、二軍はもちろん一軍にも手を出して売りまくりました。
そこへ今回の出品者の方です。チェックはしていたのですが、まさか買えるとは思っていませんでした。ところがここ最近毎日のように値を下げられるんですよ。
これはもしかしたら買えるかも〜と期待をしていました。粘ればもう少し下げられたのかもしれませんが、巡り合わせはとても大事です。70万まで下げられたので、即入札しました。
購入後、今日の鯖のザ・ワールドを耐え忍び、合戦そっちのけで、スキル削除からの弾幕防壁陣と電光の付与に成功し喜んでいたところです。

下手な前置きが長くて申し訳ございませんが、そんな思いで購入しました。
魯粛さんのコメントは正に私の気持ちを表してくれるものでした。ワクワク感、イクサ寿命を伸ばしてくれるプライスレスな一枚を入手できたことを大変嬉しく思っている今日なのです。

長くなりましたので、これで終わらせて頂きます。
最後に、ブログ更新ってとても大変だと思います。どこかの芸能人のように、ネイル行ったよ〜なんて、くだらないネタ投下するわけにもいかないでしょうし、ネタってそうそうできるものでもないでしょうし、日常の間に文章作成・構成・画像等素材作成ナドナド、文章からは窺い知れない、悶えるような時もあるのではないかと察します。
頑張らなくてもいいですから、末永く更新をして下さい。

駄文を読んでいただき有難うございました。

(転載以上)

***
いかがでしたでしょうか?
文面から、購入者様が1枚のカードにかける並々ならぬ思いが伝わってきます。
これなら70万で入札も納得です。
今後、五右衛門を見るたびにこの時のアツい気持ちがよみがえってくるはずです。
それは何物にも代えがたい「プライスレスなカード」です。
購入者様、是非とも末永く1枚のカードを愛してやってください!

奇しくも、この日の合戦で私の石川五右衛門は1年かけて元手の銅銭回収を達成する事ができました。
五右衛門が繋いだ縁かなあとも思い、今回の記事は非常に趣深いものとなりました。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 10:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

これが13-16ワールドの現実

あまりにひどかったので同日2本目の記事です。
メインワールドである13-16ワールドでは、合戦直後よりひどい処理遅れが多発しており、部隊が帰還しない、配置できないなど全く動けない状態となっています。

処理停止.png
↑着弾したまま帰還せず

この攻撃画面はベタ付け陣に対する攻撃情報ですが、この記事を挙げている11:00現在、約50分以上処理が停止したままです。
せっかくの休日、合戦にはたくさんの人がログインして楽しみにしていた中のこの状況、全くどうにもできない状態が続くのは苦痛以外の何物でもありません。
ますますイクサ離れが加速しそうですね。

公式アナウンス12.png
↑13-16だけか・・!?

うん、さすが「運営から見放されたワールド」と言われるだけはありますね!

***
なんだかんだ言っても、運営様の掌の上で動く以上運営様に生かされている状態な訳ですし、不特定多数の方が閲覧するブログ上ではできるだけ運営様には否定的な意見を書かないよう努めてまいりましたが、さすがにそろそろ限界が近いですね。
一連の対応があまりに自転車操業的でお粗末と感じざるを得ません。
「運営もがんばっている」とは思いますが、説明が足りないため全くそれが伝わってきません。
どんなに不利な状況でも、しっかり説明と進行状況、今後の展望を示してくれたらそれに従います。
説明が足りないのは一番まずいと思います。
けど、けど!やっぱり頑張れ運営様!
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 11:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

不具合メンテナンス追加情報

今回の不具合の件で公式より予定が追加されていました。

公式アナウンスI.png
↑日程は流動的・・しかも全ワールドではなし↓
公式アナウンス11.png

10月29日の週・・11月上旬も含んでますね。
しかも、報酬確定戦を含む5-8ワールドから優先との事で、それ以外のワールドは更にずれ込む見通しとの事です。
賛否両論あるとは思いますが、私は今回の不具合が完全に直るまで全ワールド合戦延期でいいんじゃないかと思います。
慎重に慎重を期するなら、そこまでやるべきではないかと思いますが・・

***
現在対応に苦慮しているのはわかりますが、こう言うところをケアしないとプレイヤーの理解は到底得られないと思います。

今回の一連の不具合は、このブログのコンセプトとは若干違う内容ですが、やはり皆さんも今一番関心がある項目ではないかと思いますので、終息まで情報を追っていきたいと思います。
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 21:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

いよいよ笑っていられなくなってきた

新UIに関連した一連の不具合で、遂に初の合戦延期となりました。

公式アナウンスH.png
↑5-8ワールド東西戦延期

今まで、東北大震災の際にもスケジュール変更がなかった合戦ですが、それほどにひどい今回の不具合のようです。
新機軸の実装の際にテストを行うなどしてある程度不具合を洗ってほしいものですが、現在の状態では有料ベータと言われてもやむなしでしょうね。
シャレにならないぐらいの金額を投資しているユーザーもいる中、最低限の説明責任を果たしてほしいものです。
もう天下クジも銅銭もいらないから、そのような手間をかける暇が有ったら一刻も早く普通に遊べるようにしてほしいものです。
頑張れ運営様!
なんだかんだ言っても創造主の貴方たちが役目を果たさないといけませんぞ!

278391(3501)
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

誠意は言葉ではなく金額

今回の合戦の不具合に伴い、緊急メンテナンスが実行されました。

公式アナウンスG.png
↑緊急メンテナンス報告

今回は「合流起点者または加勢元にしかポイントが入らない」不具合で、それに伴い各種データの正常化が目的なようですが、膨大なデータの為処理が遅れているとの事です。
処理にかかった時間や影響を考えると過去最大級の不具合ではないかと思いますが、素早い対応で何とか沈静化しようとする姿勢が見られるので、私は評価したいと思います。
運営様、夜3時過ぎまでのメンテナンスお疲れ様でした。
あとは、お詫びは「誠意は言葉ではなく金額」です。

※「誠意は言葉ではなく金額」とは※
プロ野球・元中日ドラゴンズの福留外野手が、2007年の契約更改の席で言い放った言葉。
プロ野球のオフシーズンには契約更改が控えており、そこで提示された金額になんやかんや文句をつけて提示額をアップしようとする選手側(銭闘民族)と球団側の熱い攻防が繰り広げられる。
この言葉は、年俸釣り上げのゴネ発言として、なんJ民にはお馴染みであり楽しみの一つでもある「ゴネそうな選手をニヤニヤしながら予想するスレ」で不朽の迷言となっていた。
しかし、2011年東北大震災の際、個人で100万ドルをポンと寄付し、過去の発言がゴネるためだけではない事を言葉ではなく金額で実践。
迷言から名言として昇華された。


***
ちなみにカープ(プロ野球)とインターネットをたしなむ私のオフシーズンの楽しみは・・
「ゴネそうな選手をニヤニヤしながら予想するスレ」
「鈴木本部長スレ」
「善村スコアラーの警戒」を楽しむ(2012年スコアラー解雇になりなくなる)

カープファンの1年
春は善村
やうやう強くなりゆく警戒、少し強めて、鯉の選手見る目の細くたなびきたる
夏は安仁屋
解説の頃はさらなり
闇もなほ、被安打のおほく飛びちがひたる
また、酒の一杯二杯など、ほのかに頬赤らみて行くもをかし、不適切な発言などするもをかし
秋は達川
鯉の勝りてAのクラスと近うなりたるに、広島の、解説へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど
フラグ建てるさへあはれなり
まいて、鯉などの残塁つらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし
ペナント終り果てて、珍プレー、バラエティなど、はた言ふべきにあらず
冬は本部長
年俸の減りたるは言ふべきにもあらず、
打率などいと高きも、またさらでもいと渋きに、FAなど急ぎおこして、同一リーグわたるも、いとつきづきし
トレードになりて、ぬるく保留にもていけば、牧野の塁も、更にダウンになりてわろす

***
話が脱線して申し訳ありませんでした。
戦国IXAの話でしたね。
今回のように素早い対応で誠意を示すのもいいですが(当然ですが)、金額もしっかりお願いしますよと言う事で、天下クジか銅銭10000くらいを期待しておりますよ!

しかし、今回は個人的にそれ以上の打撃がありました。
17-20ワールドは9月6日スタートで、そろそろ開始2か月が迫ろうとしています。
無課金・まったりプレイなので、主な城主経験値獲得法は秘境と合戦報酬のみです。
おそらく大多数の一般プレイヤーのプレイスタイルだと思いますが、開始2か月前後だとその一般層がちょうどレベル30前後になる時期です。
私も例外ではなく、レベル30までは合戦では経験位獲得を意識して動いてきました。
そして今回・・

17-20城主情報A.png
↑300〜400位間ゲット

攻撃側で300位台でフィニッシュ完了です。
そして、この報酬(城主経験値300)を以てレベル30到達です!!
・・のはずでしたが、上記のメンテで今回の合戦処理が延期になった事により・・

17-20城主情報.png
↑29のまま・・

今回の合戦後最後の所領取に出したかったのに、ひどいですw
一般層だと、結構似たような境遇の方が多いのではないかと思います。
お詫び以上に今期の活動に影響をもたらした、そんな不具合でした。

***
ちなみに、今回の不具合で一戦系の数値がトンデモナイ事になっており、特に大規模盟主戦が行われた同盟では、一戦撃破10万、一戦防御15万などと言うケタハズレの数値が出た模様です。
まだまだ正常化には時間がかかりそうですねw
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 13:14| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。