2014年01月23日

【悲報】金剛、ZIPにて公開処刑される

先日、日本テレビ系「ZIP」で放送された番組内で、艦これ特集が組まれていました。
以下、番組内「チューモーク」コーナー内での艦これ特集紹介文です。

***
ゲーム「艦隊これくしょん −艦これ−」
美少女・武器が好きな方にオススメ!

今やアニメ通のみならず一般の人たちも参加し、申し込みが
殺到するオンラインゲーム。
ゲーム登録者はなんと150万人以上!

●「艦これ」とは?
プレイヤーは提督という立場で艦隊の指揮官になります。
実際にあった艦船が女の子に擬人化され、
「艦船型少女」=艦娘(かんむす)というキャラクターになる。
その艦娘を強化し、自分好みの艦隊を作り上げていく。
そして、自分の艦隊を進めて謎の敵を倒していく艦隊育成シュミレーションゲーム。
チューモークポイント

ポイント1
・「2種類のファン層を獲得!」    
 →女の子キャラとミリタリーの双方の要素を
取り入れることにより多くのファンが楽しめるゲーム性

・「二度と使えないドキドキ感が人気!!」
 →自分で育てた「艦娘」が一度戦いに敗ると二度と
戻ってくることはない
  この今までにないドキドキ感のある戦闘に注目!!

ポイント2
「ゲーム以外にも人気が広がっている」
 →グッズ展開され、なんと200種類以上!!
 →全国各地でユーザー主催の「艦これイベント」が行われ大盛況!
   様々なを展開を繰り広げられている「艦これ」の今後に注目!!

***
特集自体は無難なものでしたが、流石に朝の情報番組で中破絵は出せないようでした。
でもこれを出さないと艦これは語れないでしょうw
この映像を見て気になった点がいくつか。

・「二度と使えないドキドキ感が人気!!」
 →自分で育てた「艦娘」が一度戦いに敗ると二度と戻ってくることはない

この点について、「戦術的敗北」画面が流れていましたが、轟沈してしまった場合に使えなくなるだけで、生き残ってさえすれば敗北でも次には使えるので誤情報・・と言うか誤解を与えかねない表現かなあと。

艦これ391.png
↑結構育ってますが・・

蒼龍・比叡ドンマイ・・
取材のためにわざわざ轟沈させたんですかねえ(絶許

***
まあ、未プレイから入って取材したなら、限られた時間内で深く理解しないうちに構成してしまう事も理解できなくもないですが、それより私が気になったのはコーナーのラストでした。
ラストでは実際に番組内で金剛のコスプレ姿が披露された場面です。

艦これ390.png
↑金剛<「お気づきですか?」

着物の襟が「左前」です。
金剛の着物が和服かどうかは意見が分かれるところですがw
一応イラストでは右前になっているので違うと言うのもありますが、基本的に着物を左前に着るのはいわゆる「死に装束」の場合でして、縁起が悪いものとされています。
どうやらコスプレで金剛は轟沈してしまった模様・・
これが公開処刑ですかそうですか・・

※右前・左前とは?※
着物の着方で、着物の布地を「着物を着ている人に向かって」右側が上になっていれば「右前」、逆が「左前」となる事です。
今回は説明のために特別に金剛型の衣服を着ている比叡さんにモデルになっていただきました(金剛は胸元が分かりにくかったので)

艦これ392.png
↑右前

こちらが通常時で、向かって右側の布が上になっているので右前です。

艦これ393.png
↑左前

画像を反転させてみましたが、これは画像加工に当たるのでしょうか・・?
こちらが左前です。

***
着物の右前、左前の起源については諸説ありますが、理由はどうあれ綿々と日本の伝統・慣習として伝わっている事実は見逃せません。
特に福祉施設で働いている私には、この手の習慣は根強く残っていると感じる場面も少なからずあります。
施設に入居している利用者の中には、本人の希望で着物や浴衣を着たいと言う人や、家族の希望で着物を着させてほしいと言われる方もいます。
自分である程度着られる方は良いですが、着衣に介助が必要な方の場合、右前か左前か知っていないと、面会で家族に着物を見られた時に非常に恥ずかしい思いをしてしまいます(過去には「うちのばあさんを殺す気か!」と家族を怒らせた事例もあったようです)
実習生や新人職員にはこの手の習慣を知らない人もおり、その都度教えていますが、こういう事が気になるのはやはり高齢者を相手にする職場ならではの視点かもしれません。

ちなみにこの手のタブーとして、着物のひもを縦に結ぶ「縦結び」や、布団の上下を逆にかける「逆さ布団」などがありますが、いずれもご遺体を送る時の作法らしいです。

私は施設で働く事になってから、利用者との話題のとっかかりとして太平洋戦争の事や、勤務地の歴史や戦史(呉空襲や軍港・大和などの話)などを勉強しましたが、それと同時にこの手の作法もそれなりに勉強しました。
当時の主任からは「若いのによく知ってるねえ」と褒められたものですが、実生活や仕事でこの手の話題を扱ってなければ、知らず知らず私も失礼な事をしていたかもしれません。

今日はちょっと気になった事柄、でした。







日テレに金剛ファンから抗議の電話が多数かからない事をお祈りしております。
posted by 魯粛 at 00:01| Comment(4) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の1行が切実・・

雑記にて軽くこの記事紹介させてもらったですー。
一応ご報告っぽい?
Posted by 四腕 at 2014年01月23日 00:39
わざわざ拙文紹介&報告ありがとうございます^^
出勤先でブログチェックしている最中にぜかましネットさんで紹介されているのを見てお茶噴きましたw(実話

情報番組での紹介と言う事もあり無難な内容でしたが、萌えに重きが置かれていた印象で、できればもう少し史実を基にしたコアなゲームだと言う事も紹介してほしかったなあ、と思っています。
艦これは噛めば噛むほどハマっていく、そんなゲームだと思います。
艦これがガチなゲームだと一般に認識されるのはまだ遠そうですね〜
Posted by 魯粛 at 2014年01月24日 00:25
今日、金剛さん轟沈しました(涙)
Posted by しん at 2014年01月25日 16:57
うへえ、まじですか・・
ドドド、ドンマイです(涙)
次に来る金剛さんには、2隻分の愛情をもって育成してください><
Posted by 魯粛 at 2014年01月25日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。