2013年09月16日

対巨人2連勝!

※公式戦※

巨人0-10広島

先発は予告通り前田健太と管野の1戦でした。
ともに2ケタ勝利しており、タイトル争いでも重要な1戦でもありましたが、フタを開ければ前田健の貫録勝ちと言ったところでした。
管野はこれまで広島戦で好投していたので、本日はロースコア対決になるかと思っていましたが、管野の制球が定まらず、そこを広島打線が突いた形に。
2回裏には前田健自身が管野の投じた初球をきれいにセンター返しで先制点を取ると、そこから一挙4点の先制パンチを浴びせます。
7回にも菊池の走者一掃などもあり5点のビッグイニングを作り巨人を粉砕しました。
前田健は中4日のタイトな日程もなんのその、わずか87球で7イニング2安打の余裕の投球で14勝目を挙げました。
先日産まれた愛娘に捧げるパパ初勝利となりました!

この3連戦の意味はあまりにも大きく、単なるCS争いのための1勝ではありません。
既に巨人とはシーズン負け越しが決まっており、今季の広島が序盤〜中盤にかけて浮上のタイミングを逃してきたのは、いつも上位への勢いが付いてきたところを巨人に叩かれてまた下に落とされると言うパターンでした。
しかし、CSが現実味を帯びてきた今、この終盤に巨人に対する苦手意識を払拭しておく事が大事です。
例えそれまで10連敗していても、最後に3連勝できれば相手にはいやなイメージを与えられるので、ここで勝つ事は味方を奮い立たせるうえでも必須です。
その意味でも、天敵菅野を打ち崩しての本日の勝利はあまりにも大きいです。
これでチームも5連勝、気が付けば借金返済もそこに見え、苦手の9月も躍進続きと、ムードは高まるばかりです。
前田健の今後の予定はおそらく9連戦最後のドームで、再び管野との投げ合いになる可能性があります。
最後にもう一発管野を叩いて、逆に広島に対する苦手意識を植え付けてやりましょう!
posted by 魯粛 at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。