2013年01月21日

戦人に贈る最後の更新・戦国IXAブログを作ってみよう!

大変長らくお待たせしました。
それでは、「戦国IXA カードを愛でるブログ」がこれからの戦国IXAを盛り上げる戦人に贈る最後の企画です。
戦国IXA界を盛り上げる一助になればとの思いで綴る、正真正銘最終回です。
それでは行ってみましょう!「戦国IXAブログを作ってみよう!」

***
戦国IXAとブログ
まず、ブログを書こうと言う動機は人それぞれですが、根底にある思いはだいたい一緒です。
カード自慢・合成結果・面白い報告書など、自分一人で楽しむにはもったいない事を「他人と共有する事」が大きな目的でしょう。
アフェリエイトと言う目的もありますが、今回の趣旨とそれるので割愛します。
アフェリエイトは、一言で言えばブログを使った小遣い稼ぎ・・でしょうか。
私自身意識した事は無いので、興味があれば自分で調べてみてください。
戦国IXAと言うゲームは基本自分の画面を他人に公開する事はできませんので、お隣様のゲーム画面は誰もが知りたい事ではないでしょうか。また、いわゆる廃課金者と言われる層のデッキがどんなものか知る貴重な空間とも言えます。
その意味でも非常にブログと相性が良く、見せ方次第で非常に面白い内容にできます。
それらの情報を、特に奇を衒う必要もなく、自分が閲覧者に伝えたいことを思ったまま書けばOK!
・・なのですが、それがわかれば苦労しません。
これからブログを書こうとするにあたって、心配事第一は「どんなネタがあるか」でしょう。
そこで、まずは「ネタ」と言われるものにはどんなものがあるか、挙げてみたいと思います。

・カード合成
・プレイ日記・合戦絵巻
・一戦系
・クジ引き
・攻略記事
・考察・検証記事
・企画記事
・雑記

ざっと思いつくだけでもこれだけネタがあります。
この中で自分が伝えたいものに近いものをチョイスしていけばいいでしょう。
次に、それぞれ具体的にどんなことに注意すればいいか考察していきます。

@カード合成
カード合成とクジ引きは戦国IXAブログの花形と言っても過言ではありません。
基本的に両者は運否天賦なので、どのような結果が出てもその結果に一喜一憂でき、読者の反応がダイレクトに返ってきます。
カード合成の記事を見ていけば、だいたいブログ主がどの程度の資産状況で、どのような考えでゲームを楽しんでいるかが分かってしまいます。
特以上、天や極をガンガン溶かすような資産が潤沢なプレイヤーのブログは特に人気が高いですが、自分のブログを盛り上げるために普段やらない天極合成に手を出して後悔しないよう注意しましょう。
合成はその場でできてネタとしての即効性も高いですが、ネタが枯渇して合成で食いつなぐ場合は全く溶かす予定が無かったカードもネタのために犠牲にする事も考えられますので、ブログのために身を滅ぼさないようにしたいところです。
記事にする際は、合成の画像を添付して、一緒に楽しみましょう。

Aプレイ日記・合戦絵巻
こちらは主に合戦プレイバックです。
自分が参加した合戦の出来事や参加状況、戦闘結果などがネタとして挙げられます。
毎回合戦に参加できるプレイヤーなら、定期的に記事を挙げられるため、ネタ切れになりにくくブログを長く続けることができます。
また、合戦に参加した同国・敵国読者からも感想などのコメントが寄せられやすく、非常にコミュニケーションが取りやすい良質のコンテンツと言えます。
逆に言えば全く関係ないワールドの読者にとっては合戦結果は興味が薄いので、合戦結果だけのブログだとそれなりの演出や記事でないと飽きられやすいように感じます。
記事の特性上、報告書が多くネタとして取り上げられますが、注意したいのは個人を特定できる情報の扱いです。
基本的に画像を添付する際は城主名や同盟名などは加工して消すのが良いです。
特に良く見られるのが、ソロでの撃破(防御)報告ですが、これは自分の育成してきたデッキの晴れ舞台とも言えます。
それゆえ、どうしても相手に対して優越感を持つ記事になりますが、このような記事ではやはり個人を特定できる情報は消すべきです。
仮にその撃破された方が記事を見た時に、晒されて不愉快な気持ちになりやすいので、配慮が必要です。
逆に、相手に了承を得ている場合は遠慮なく名前を出してネタにさせていただきましょうw
戦国IXAは合戦ゲームです。
存分に合戦の魅力を発信していただければと思います。

B一戦系
いわゆる「一戦撃破」「一戦防御」に関わるネタで、合戦や合成とも関連が深い項目です。
数字を極限まで高めるためのカード集めや合成、合戦での戦い方まで、読み物として非常に面白いネタと言えます。
一戦系の数値を上げるためには並々ならぬ努力が必要であり、この数値は(相手との兼ね合いもあるとはいえ)カード資産の強さを計る大きな要素です。
この数値を更新する事に目標を定めているプレイヤーも決して少なくは無く、自分の戦国IXAに投資した愛を示す場でもあります。
思う存分内外に示しましょう!
ただし、上記の項目でも触れましたが、報告書は相手ありきなので、情報の取り扱いには注意しましょう。
特性上私に代表されるような一般イクサーがこれをネタにしても盛り上がりに欠ける事が多いので、合戦強者専用ネタと言えるでしょう。

Cクジ引き
合成と並んでネタの定番です。
これも記事を見るだけでその人がどれだけの資産を投資しているかがダイレクトにわかります。
当たりハズレが交錯する金クジ履歴がずらーーーーっと並ぶ記事は、まさに圧巻の一言です。
豪華な履歴が並ぶブログはやはり人気が高いです。
合成と並んでネタとしての即効性が高く、こちらも予定外のクジ引きをして後悔しないように注意しましょう。

D攻略記事
戦国IXAをプレイするうえで知っておくと便利な情報や、仕様をわかりやすく解説するネタです。
自身が戦国IXAの仕組みを理解している必要があるので、これはゲームを遊びこんだ人に向いています。
攻略記事は情報収集と検証に非常に時間がかかるので、一本記事を挙げるだけでも非常に手間がかかります。
そのうえ、強力なライバル「戦国IXA wiki」の存在があるので、手間をかけた割に見向きもされない可能性も高いです。
攻略記事として一定の水準を満たすには、wikiで既にまとめられている情報にプラスアルファしたネタを盛り込む必要があります。
wikiで語られているのはあくまで一般的な事項が多いので、そこに書き手の経験と使い勝手などの「生きた情報」を加えれば、wikiとは一味違った魅力的な記事になるでしょう。
ただし、そこまでのクオリティにするには自分が戦国IXAをかなり深い部分まで遊ばないと気付かない事も多いので、ネタとしてのハードルは非常に高いです。
そのハードルの高さから、攻略ブログは数が少なく非常に重宝されており、やりがいがあると言えます。

E考察・検証記事
攻略記事を更に一歩踏み込んだ、非常に濃いコンテンツに成り得るネタです。
ゲームの仕様を実際に試して証明する記事や、誰も踏み込めない領域にメスを入れる意欲的な記事など、検証記事を一本完成させる事ができればそれだけでブログの存在価値があると言えます。
それだけにネタとしての難易度は最高級であり、だれもがおいそれと手を出せる分野ではありません。
数字を追う事になるので、やはり理系に強い人が有利なのは言うまでもありませんが、加えて検証記事としての斬新な着眼点、協力者を集める事から始まり、検証を長期にわたって遂行して結論に導く実行力など求められます。
ここまでくるとネタと言うよりは一大プロジェクトと言えます。
ゲーム自体は直感や経験則だけでも普通に遊べてしまいますが、そこに数字の裏付けがあればより綿密な行動がとれます。
私のような文系人間・または閲覧する側からすれば検証系ブログは非常にありがたい存在です。

F企画記事
文字通り企画を行う過程を記事にしたものです。
プレイヤー間のやり取りや取組、独自のプレイスタイル開発など、企画としてのネタは様々です。
そもそもブログを書く事自体が企画の親玉と言っても差し支えないので、特に深く考える必要はないでしょう。
自分が戦国IXAを遊ぶうえでやってみたい事、やっている事を追うだけで十分企画として成立します。
例えば剣豪をランク5にする、特定のスキル付与を試みるなど、この道のりを書くだけで魅力的な読み物になります。
あとは書き手独自のアレンジを加えれば、オリジナリティのあるブログになるでしょう。

G雑記
戦国IXAに関連したものから、全く関係のないものまで幅広いネタで、主に書き手がどんな人か知ってもらうためのものです。
仕事であったり、趣味であったり、はたまた武将のエピソード紹介だったり、本当の意味での日記です。
ブログ主を知ってもらういい機会なので、思う存分書きたいことを書きましょう。
ある意味一番気楽に書けるネタです。
雑記の中にはゲームの変化について(主に新仕様やアップデート情報など)も含まれますが、ネタとして書き記す場合には少し配慮が必要です。
特にゲームそのものや運営様への過剰の批判は避けるべきでしょう。
私自身ブログ終盤では些か冷静さを失って運営様への批判記事を掲載した身であるので強くは言えませんが、あまりネガティブな記事と言うのは見ていて面白くないものです。
もちろん意図が分からない仕様や明らかに批判されて然るべきな対応について、擁護しすぎるのも考え物ですが、どんな場合でも読み手を意識しておくべきです。

ブログのメリットとデメリット
上記のように、ゲームをしていればネタは結構転がっているものです。
しかし、ネタはあったとしても、どれだけの時間をブログ編集にかけられるかはまた別物です。
どんなに短くとも、ブログ編集をする以上時間を消費しますので、ある程度メリットが無いと続かないでしょう。
そこで、次にブログを書くとどんなメリットとデメリットがあるか見てみます。

※メリット※
@知名度アップ
これは本人が望む、望まないに関係なく名前が知れ渡る事です。
特に自分の城主名やプレイワールドを公開しているブログでは、合戦中に声をかけられる数が圧倒的に多くなります。
有名なブログでは、ワールドの垣根を越えて名前が売れる人も存在するようです。
戦国IXAを普通にプレイしていると、大多数のプレイヤーは同盟に所属する事になると思いますが、同盟員が主なコミュニケーションの相手となるでしょう。
あとは合戦で書状交換した人や、東西戦の国チャットなどで関係を作って行く事になると思いますが、意外と言葉を交わして関わる人は少ないものです(同盟でも発言しない人はごまんといます)
ブログをやっていると、普段全く関係ない人から声をかけてもらえたりする機会が増え、他人と関わって遊べると言うオンラインゲームの醍醐味を堪能できます。
人と関われば新たな関係もできやすく、ゲームプレイをするうえで選択肢が増えます。
これが最大のメリットではないでしょうか。
A記録になる
ブログは自分がプレイしてきた「歴史」となり、読み返す事で自分がどのようなプレイしをしてきたか確認できます。
その時その時で、自分がどのような考えで動いたか確認できるのはプレイ上貴重な情報となります。
また、ゲームの変遷を知る上でも意義があります。
B宣伝媒体となる
私も過去に何度かやりましたが、宣伝媒体としても非常に影響力があります。
特に同盟募集やイベント開催、ワールドリセット時の動向など、規模の大きいブログや有力プレイヤー(同盟)の動きは他のプレイヤーにとっても貴重な身の振り方の指針となるので侮れません。
過剰な宣伝は逆効果ですが、ここぞの場面で打ち出せば強力な武器になります。
せっかくブログをやるなら、うまく使わせてもらうのも良いでしょう。
Cメリハリ
ゲームプレイにアクセントを付ける事ができます。
目標を設定して、その様子をブログに書けば達成意欲もわきますし、読者と交流を図る事でモチベーションもアップすると、効果は絶大です。
最初はどうしても編集作業の煩わしさばかりが先行しますが、これらの経験があればブログ更新がとても楽しい時間になります。
自分が楽しんで書けば、それは読者にも伝わります。
楽しい事を共有する空間は非常に大切なものです。

※デメリット※
@時間
兎にも角にも時間を取られてしまう事です。
慣れないうちは短文でも膨大な時間がかかりますし、誤字・脱字など校正作業や画像を使った記事ならば更に手間が増えます。
どんなに良質なネタでも、それを伝えるための時間が取れなければ何もないと一緒です。
時間を確保できるかどうかはシンプルにして最大の難関と言えるでしょう。
また、時間は編集作業とは別に、更新頻度としても言い換えられます。
基本的にどんなジャンルのブログでも更新頻度が高いものは人気があります。
どんなに有名なブログであっても、いつ行っても記事が更新されていない・・では、そのうち訪問しなくなります。
戦国IXAと言うゲームでは、頻繁に更新をするのはかなり難しいと言えます。
基本的に、最もポピュラーなネタであろう合成やクジ引きをするにも、「金」「銅銭」がないと何もできません。
アクセス数が全てではありませんが、やはり人間なのでたくさんの人に見てもらえるとそれだけでうれしいものです。
合戦で活躍して報酬をたくさん得る・複数ワールドをプレイする、など、ネタ集めにはある程度努力が必要なので、ゲームに拘束される時間が増えると言うのも時間的なデメリットと言えるでしょう。
逆にアクセス数など全く意識しないなら、風の吹くまま気の向くまま綴ればいいので時間をあまり気にする必要はないです。
A精神的ダメージ
私自身はこれを一番気にしながらブログを書いてきましたが、いわゆる「炎上」するような記事を書いてしまったら精神的ダメージが大きいと言う事です。
そのような記事は読者からかなり辛辣なコメントを多数もらう事になり、このダメージはゲーム続行に影響を及ぼすほどの悪影響となります。
それでなくとも不特定多数の目に触れるので、どんな正論を述べても違った視点から反論されてしまいます(正論を述べる事はネット上では必ずしも正しいとは言えない気がします)
どんなジャンルであれ、感情のおもむくままに書き記すのは、それ相応の代償を払う事は覚悟しておくべきでしょう。
B背伸び
上記2つに比べたら些細な事ですが、人間見栄は少なからずあります。
例えばクジ引きでいいカードが出たと言う記事を上げたいがために、何万円も金クジを引く・特カード合成を成功させた記事を上げるために即落で高い買い物をして合成しまくる、などです。
どうせ記事にするなら他人から良く見られたいと言う見栄のために、自分の遊べる範囲の額以上の投資をしてしまう危険もあります。
ブログで身を滅ぼさないように注意しましょう。

ブログの方向性
さて、実際に自分がブログを書く際に、ある程度目標があったほうが執筆意欲がわくはず。
漠然と書き記すだけより、メリハリが付いて面白い記事も書きやすいです。
自分がどんなブログにしていきたいか、確認するだけでも軸がブレないでしょう。
※人気ブログになりたい!※
上記でも述べたように、人間単純なもので、アクセス数が多い・コメントをもらえたらとても嬉しいものです。
ブログを見てくれる人が多いに越したことはありません。
そこで、そのへんも考慮し、自分のブログをどう他人に見てもらいたいかもある程度考える必要があります。
頻繁な更新・魅力的な記事・知りたい情報を網羅・・
求められるハードルは高いですが、そのぶんやりがいがあります。
広告として、各ジャンルには、ジャンルごとに大抵ブログランキングというものがあります。
これに登録して、読者にアピールするのが最も効果的でしょうか。
ただし、やはり肝心の中身が伴わないと一時的なものに終わってしまうので、それ相応の努力が必要です。
※ナンバーワンよりオンリーワン※
何かテーマを絞って、何か一つでも他のブログに負けないようなものを伝えていきます。
例えばひたすら破軍星や騎神を狙う・カンスト剣豪などを作る・思い入れのあるカードを育て上げる、一戦系を極めるなど、そのテーマを中心にブログ記事を展開します。
テーマを達成するための行動記録すべてがネタとして使えるため、初心者でもとっつきやすいのではないでしょうか。
余談ですが、マイブログが完全にこれに当たります。
私の場合、「武将カード」にテーマを絞り、カードの魅力を伝えるための記事を中心に構成してきました。
おかげで戦国IXAブログではかなり異色なブログにできたと思い、オンリーワンのブログにする事は成功したと思います。

興味がわいてきたら・・
ブログがもたらす効果については、上記を見ればだいたい理解できると思います。
ここまで見て、少しでも「ブログやってみようかな?」と考えた方がおられたら嬉しいです。
ここでは、実際にブログを立ち上げる際に準備するものや知っておくと便利な事について書きます。
@ブログサーバ
これは私がブログを始める時に、とりあえず最初に検索したものですが、「無料 ブログ」あたりで検索して自分に合っていると思われるものを選べばいいと思います。
これは他所様のブログを見ていればだいたいどのようなブログが多いか傾向は分かると思います。
個人的に使いやすいと思われるものをいくつかピックアップしておきます。
詳しくはリンク先から飛べる各サービスを参照です。
(アフェリエイトへの考慮はなされていません)
FC2ブログ
seesaaブログ
livedoor Blog
アメーバブログ
ウェブリブログ
有名どころと言われるサービスなら、ブログを書くだけならどれを選んでも大差ないと思います。
A画像アップロード
各ブログサービスによって画像の扱いが違うと思いますが、まずは自分で画像を保存してアップロードできる状態にできないといけません。
過去の記事で画像の扱いについて触れているので、こちらも参照してみてください。

それでもやっぱりブログは楽しい!
ここまでいろいろと述べてきましたが、ブログを書くと言うのは、慣れて来たらとても楽しいものです。
例えトラブルに巻き込まれて苦しい時期だったとしても、ゲームを辞めたくなったりしても、ブログに寄せられたコメントを見て勇気づけられ、励まされたりします。
そして、自分の戦国IXAライフに新たな風を吹き込んで、更に楽しく彩ってくれます。
しかし、不幸にも環境の変化や、ゲームに対する意欲が落ちてブログ更新をできない・する気が無くなってしまったら・・
無理に続ける必要はありません。
ブログは義務ではないです。
自分が楽しめないものは、読者も楽しめません。
その時はスッパリ辞めてしまいましょう。
まずは気軽に始めてみる、最初の一歩が大事です。

***
今回の記事が、これからの戦国IXA界を盛り上げる皆さんのお役にたつことができればとの願いを込め、これにて「戦国IXA カードを愛でるブログ」閉幕とさせていただきます。
それでは皆様、良い戦国IXAライフを!!
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 21:30| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜とうとう、この時が来てしまいましたか・・

数多のIXAブログの中で、更新を一番楽しみにさせて頂いたブログでした^^

筆者様の人柄がにじみ出ているというか、
ほのぼのした記事でいつも楽しませて頂き、本当に感謝、感謝w

引退は残念ではありますが、本当にお疲れ様でした!



Posted by 13-16 伊達民 at 2013年01月22日 01:04
ブログ最終回大変楽しく拝見いたしました。
自分もブログを書いている身なので、大変勉強になりました。

私がプレイを始めたとき、ブログを始めたとき、いつも参考にさせていただいていたのがカードを愛でるさんのブログでした。
このブログがもう更新されなくなってしまうのはとても残念ですが、今は、2年以上にわたるixaでの疲れを休めて、リアルでのご活躍に邁進されることを祈るばかりです。

本当におつかれさまでした!
Posted by 羽川真冬(とあるmixi民) at 2013年01月22日 02:04
最後ですが初めまして。
27+28鯖でイクサをしているモジと申します。

僕はイクサを始めた1年数か月前からずっと、魯粛さんのブログを拝見していました。
3スキル一致させる、2面待ちにする等、イクサの基礎をこちらで学ばせて頂きました。

カードを愛でるブログを読んでいてすごく楽しかったので、自分もブログを始めました。
毎日更新するのって大変ですよね、実感しています。

最後の更新もイクサを盛り上げてくれる意図を、イクサへの愛情を強く感じました。
そういった所に、見え隠れする暖かい人間性に僕は惹かれてブログを閲覧していたのだと気付きます。

どうしても一言お礼が言いたくてコメントさせて頂きました。

本当にお疲れ様でした。素晴らしいブログを有難うございました。
Posted by モジ at 2013年01月22日 09:53
お疲れさまでした。

引退される旨の書状を頂いたとき、どのように返せばいいのか全くわからず、返信できずにいました、すいません^^;;;

楽しみに読ませていただいていたので、非常に残念です。しかも、最後のブログの書き方の記事、、、、かなり参考になります。

万が一、復活されることございましたら、ぜひぜひ一緒に遊びましょう。

本当にお世話になりました。
Posted by もりりん at 2013年01月22日 13:09
今まで更新お疲れ様でした。
私も定期的に巡回していたのでとても残念です。
IXAを離れても、これからも頑張ってください。

最近になって他のIXAブログの観覧も始めたのですが、どのブログも十人十色というか、それぞれ個性があって面白いです。このブログは、私の知る限りその中でも一、二を争うIXAブログだと思います。
あれだけ長期間、あの更新頻度を維持していたことはほんとに尊敬します。私自身も非常に楽しませて頂きました。
機会がありましたら、またどこかで。
Posted by 葱団子 at 2013年01月22日 17:47
お世話になりました。引退されるのは非常に残念ですが、お疲れさまでした。

いくつかのixa blogを拝見していますが、毎日最初にチェックするblogで、更新を非常に楽しみにしていました。

4期で鯖統合をきっかけに同盟に加入させていただいたのもこのblogがきっかけでした。チャットにはほとんど参加していなかったのですが、魯粛さん御一緒できて楽しかったです。

引退は残念ですが、今後の御活躍を心からお祈り申し上げます。
Posted by 赤禰武人 at 2013年01月22日 18:38
とうとう最後になってしまったのですね゚(゚´Д`゚)゚

長い間、毎日の更新お疲れ様でした!(>Д<)ゝ

更新が楽しみでいつも拝見してましたが、
これが無くなると寂しくなりますねぇ・・・

自分も負けないよう毎日のブログ更新を続けていきたいと思います!


ちなみに私自身、一度IXAを引退した口ですが、
半年で舞い戻ってきた経歴がありますw

いつでも戻ってきていいんですよぉ^^
Posted by 影武者 at 2013年01月22日 20:32
本当に さみしくなります

「念願の○○を手に入れたぞ〜」や
「トライアングルアターック」などの
小ネタも 実は楽しみでした

お仕事がひと段落して
お時間ができたら
また 戻ってきてくださることを
ひそかに 願っております
Posted by コッペリア at 2013年01月22日 21:20
初めてコメントします。
ですが、このブログはよく拝見させて頂いてました。

読み始めたきっかけは夢幻さんにいつもフルボッコにされていたので、どんな人が居るんだろうと、色々と検索したのがきっかけでした(変な理由ですいません><)

ただ、いつしか櫓粛さんのブログはこのゲームをする上で楽しみの一つになってしまったので、残念な気持ちではありますが、今は体とお仕事に専念ですね^^

一庶民としてではありますが同じ鯖でプレイできたこと、有り難う御座いました。
時間に余裕がでて来たときにお会いできる事を楽しみにしております^^

それでは今後のご発展とご健勝をお祈り申し上げます^^
Posted by いとみっちー at 2013年01月23日 01:21
お疲れさまでした。
色々とありがとうございました。
気が変わったらいつでも気軽に復帰してください〜
それではお元気で。
Posted by 赤葡萄酒 at 2013年01月24日 01:39
ご卒業おめでとうございます!
このブログと魯粛さん率いる夢幻さんには、何度も下がりかけたモチベを
持ち直すきっかけを作って頂き、本当に感謝しております。

私も表向きは引退しましたが、内チャや、農民としてシムシティ感覚でまだIXAを楽しんでおりますw

武将は処分してるので合戦には参加しておりませんが、
今まで一緒に楽しんできた仲間とスパッと縁を切るというのは寂しいので・・・。
魯粛さんもIXAにたま〜にでいいので顔出しましょ♪

いつかまた絡める日をお待ちしております^^ノシ
Posted by 元MURA at 2013年01月24日 12:32
最初の書き込みが最後の書き込みになります、愛読者でした。
面白くてタメになる、最高のブログでした!
あまり反響がなかったようですが、部隊スキル強化の記事が好きでしたw
(かくいう私も書き込んでいなかったので、悔やんでいます…)

ラストも「ブログやってみようかなー」と思わせる興味深い内容でした^^
IXA2(私の妄想ですw)が始まったら、戻ってきてくださいー
とても残念で淋しいですが、いつまでも感謝しています。お疲れ様でした!
Posted by ぜんざい at 2013年01月24日 22:52
はじめまして。そしてお疲れ様でした。
後発でixaに参戦させて頂いた中、本当にお世話になりました。

最初はデータ的な要素から、そして読み物として。
無課金で楽しめているのもこのブログのおかげですw


課金であれ、無課金であれそれぞれの楽しみを
「愛でる」という視点で表現されていたことが
今のわたしのixa観につながっています。

部隊スキル、ある意味愛でるためのものですねw

そんな辺境の地の無課金ixaおっさんでした。
Posted by かり at 2013年01月28日 22:20
返信遅れて申し訳ありませんでした。
リアルでは職場にノロウィルス、インフルエンザが流行の兆しありとかなりキワドい状況です。
高齢者施設では感染症は致命傷になりかねないので、毎日うつしうつされしないか戦々恐々です。

13-16伊達民さん<お疲れ様でした!
いつもひいきにしていただきありがとうございました^^
イクサブログ界の癒しスポット的な場所を目指していたので、ほっと人心地ついていただけてよかったですw
幸い寄せられるコメントもほのぼのするものばかりで、炎上とはほぼ無関係だったのでブログ主としては幸せだったと思います。
こちらこそ皆さんに感謝のです!

羽川真冬(とあるmixi民) さん<お疲れ様でした!
まさかこのブログが他所様の参考になっていたとは、うれしい限りでございます。
私自身は参考にされるような気はさらさらなく、適当にダラダラと書いてきただけなので、面映ゆくありますw
既にイクサの無い生活にもどってしまったので、今度ブログを書く時はきっとちがったテーマになると思います。
書く予定は・・微レ存ですが、野球かゲームならそこそこ続けられそうですw

モジさん<初めまして、そしてありがとうございました^^
モジさんのブログは巡回で時たまのぞかせてもらっておりましたが、まさか開始時よりごひいきいただけていたとは、そして少なからずマイブログがお役にたっていたとは、有難い限りです。
私自身貧乏性なもので、スキル一致も両面待ちも、削除前提で強いスキルを付けるよりは、弱くても同一にそろえるのがキレイ!という理由だけでしたw
スキル削除を銅銭でできればもっとアグレッシブに攻めていたんですが・・
よくブログを毎日更新できますね、と言われましたが、私自身既に趣味の領域になっていましたので実はそこまで大変ではありませんでした。
時間だけはとられますが、今まで余所事に使っていた時間を少しブログに割いただけなので負担もそこまで感じませんでした。
ブログもカードも好きだからこそできたのかもしれません。
そして、何より皆さんのコメントが無ければ続けられませんでした。
マイブログがマイブログであり続けられたのは、イクサが大好きな皆さんのおかげでした。
コチラこそありがとうございました!
Posted by 魯粛 at 2013年02月03日 03:58
もりりんさん<こちらこそお世話になりました!
7radaさんからはとても丁寧なお返事をいただき、恐縮しております。
直後に退会処理を行ったので、結局お返事出せず仕舞いでしたが・・
よろしくお伝えくだされば幸いです。
劇場系ブログはなかなか余所ではないので、是非とも一ジャンルを築いて戦国イクサブログ界を盛り上げていって下さい♪
対談企画から始まった一期一会の出会いですが、もりりんさんと7radaさんとの出会いはオンラインゲームの素晴らしさを体験できた非常に有意義な時間でした。
本当にありがとうございました!

葱団子さん<こちらこそいろいろ楽しませていただきましたw
勝手に紹介させていただいたこともありましたが、寛容に接していただき感謝しております。
スーパー平手さんの完成を待たずに卒業してしまいますが、草葉の陰から見守らせてもらっています(卒業してもイクサブログ巡回はそこそこの頻度で行っていますw)
なんJ民且つイクサ民と言うニッチな俺得ブログは葱団子さんのところだけなので、まだまだ楽しませてくださいませw

コッペリアさん<小ネタに反応ありがとうございます!w
もっともっと小ネタを挟む予定だったのですが、あまりにマニアックになりすぎると判断したため割愛しました。
しかし、今考えれば年齢層的にファミコン〜スーファミネタはかなりストライクなネタばかりなんですよね・・
割愛せずガンガン入れれば良かったと若干後悔しております。
可能性があるとすれば別ジャンルなブログになると思いますが、その時はまた魯粛でやるとおもいますので、見つけてやってくださいw

いとみっちーさん<合戦ではいつも楽しませていただきました。
毎回激戦を繰り広げていたので、既に同盟やいとみっちーさんの事は良く知っておりました。
私のような戦功は二の次、兵士が溶ける事に喜びを見出す人間にとって、毎回ガチで相手してくださって本当に楽しませていただきました。
仮にまたイクサをするならば、間違いなく13-16ワールドに戻るので、その時はまたよろしくお願いします^^

赤葡萄酒さん<こちらこそ農民を雇っていただきありがとうございました!
人間の気持ちは波に舞う木の葉の如く揺蕩うものなので、今は戻る気が無くてもそのうち気持ちが変わるかもしれません。
その時はカードもイチから集め直しですが、それもまた面白ですので、よろしくお願いします^^


Posted by 魯粛 at 2013年02月03日 04:16
ムラさん<卒業有難うございます!
こちらこそ他所様から猛者をお迎えして合戦でき、非常に楽しませていただきました。
ずっと盟主だったのでいろいろな同盟を渡り歩く生活にもあこがれておりました。
毎回新鮮な空気で合戦できるのっていいですよね!
私の場合はなかなかチャットに顔を出す勇気が出ませんが、一緒に戦ってきた楽しかった記憶はずっと残っていくので、それを大事に卒業させていただきました。
次に絡むのはイクサに戻った時かもしれませんw
その日まで、覚えていていただければよろしくお願いします♪

ぜんざいさん<最後ですが初めましてです^^
部隊スキルは忘れ去られた遺物のようなものなので、なかなか育成しようと言うのは奇特な人間のやる事だったのかもしれませんw
(私自身が少なからずそう言ったイメージでした)
今度部隊スキルの仕様が変わるようなので、どのように変わるか楽しみですね!
まあ、あまり劇的に強くなり過ぎると猫も杓子も部隊スキル・・となってしまいますので、バランス上手くとってほしいものです。

かりさん<最後ですが初めましてです♪
マイブログの歩みをすごく的確に表現されていると思いました。
最初は単に自分用のメモとして使えるカードを挙げていったんですが、そのうち書きたいことがたくさん増えてどんどん内容が雑多になっていきました。
見返してみたら自分のイクサプレイの変化がよくわかるなあーと。
そのぶん、かなり独りよがりで万人に通用する楽しみ方ではなかったと思いますが、幸いにも好意的に受け取ってもらえているようで安堵しています。
もっと無課金視点で楽しみを発信していきたかったですが、ひとまず区切りにさせていただきました。
ありがとうございました!
Posted by 魯粛 at 2013年02月03日 04:30
ご無沙汰しておりましたゞ
盟主業そしてixa生活お疲れ様でした!!!
書いてる内にしんみりしちゃいそうで;ε;
本当はこちらへコメントせず黙ってお見送りしようと思っていたのですが^^;
魯粛サンに影響されて細々と(書いてある内容は天と地の差ですがw)ブログを気の向くままに書いております(詳しくはモジさん経由でいらっしゃいませw)
私もいつまで続くかわかりませんが
魯粛サンのようにixaを楽しみ、愛でる心を失う(ちょっと大袈裟かなw)までしっかり楽しんでいきますb

また時間あるときにじっくりこのブログを拝見したいので残しておいて下さいね><
それではまたお会いする日まで^^
Posted by 酒鬼 at 2013年02月04日 22:07
お疲れ様でした!
そしてブログ開設おめでとうございます!
マイブログに影響されて始めたと言うのは私にとってこれほど嬉しい事はありません。
しかも全国クラスの猛者のブログとあれば楽しみにしてくれる人もたくさんでてくるでしょうね。
私には手の出ないような合成ばかりでしたw
企画ワールドはあまり活動できなかったせいか、同国でありながらあまり絡む機会もありませんでしたが、いつも名前は拝見しておりました。
これからも毛利家を勝利に導いていってください^^
ブログは貴重な私の記録でもあるので、このまま残しておきますのでご安心ください♪
Posted by 魯粛 at 2013年02月15日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。