2013年01月21日

戦人に贈る最後の更新・戦国IXAブログを作ってみよう!

大変長らくお待たせしました。
それでは、「戦国IXA カードを愛でるブログ」がこれからの戦国IXAを盛り上げる戦人に贈る最後の企画です。
戦国IXA界を盛り上げる一助になればとの思いで綴る、正真正銘最終回です。
それでは行ってみましょう!「戦国IXAブログを作ってみよう!」

***
戦国IXAとブログ
まず、ブログを書こうと言う動機は人それぞれですが、根底にある思いはだいたい一緒です。
カード自慢・合成結果・面白い報告書など、自分一人で楽しむにはもったいない事を「他人と共有する事」が大きな目的でしょう。
アフェリエイトと言う目的もありますが、今回の趣旨とそれるので割愛します。
アフェリエイトは、一言で言えばブログを使った小遣い稼ぎ・・でしょうか。
私自身意識した事は無いので、興味があれば自分で調べてみてください。
戦国IXAと言うゲームは基本自分の画面を他人に公開する事はできませんので、お隣様のゲーム画面は誰もが知りたい事ではないでしょうか。また、いわゆる廃課金者と言われる層のデッキがどんなものか知る貴重な空間とも言えます。
その意味でも非常にブログと相性が良く、見せ方次第で非常に面白い内容にできます。
それらの情報を、特に奇を衒う必要もなく、自分が閲覧者に伝えたいことを思ったまま書けばOK!
・・なのですが、それがわかれば苦労しません。
これからブログを書こうとするにあたって、心配事第一は「どんなネタがあるか」でしょう。
そこで、まずは「ネタ」と言われるものにはどんなものがあるか、挙げてみたいと思います。

・カード合成
・プレイ日記・合戦絵巻
・一戦系
・クジ引き
・攻略記事
・考察・検証記事
・企画記事
・雑記

ざっと思いつくだけでもこれだけネタがあります。
この中で自分が伝えたいものに近いものをチョイスしていけばいいでしょう。
次に、それぞれ具体的にどんなことに注意すればいいか考察していきます。

@カード合成
カード合成とクジ引きは戦国IXAブログの花形と言っても過言ではありません。
基本的に両者は運否天賦なので、どのような結果が出てもその結果に一喜一憂でき、読者の反応がダイレクトに返ってきます。
カード合成の記事を見ていけば、だいたいブログ主がどの程度の資産状況で、どのような考えでゲームを楽しんでいるかが分かってしまいます。
特以上、天や極をガンガン溶かすような資産が潤沢なプレイヤーのブログは特に人気が高いですが、自分のブログを盛り上げるために普段やらない天極合成に手を出して後悔しないよう注意しましょう。
合成はその場でできてネタとしての即効性も高いですが、ネタが枯渇して合成で食いつなぐ場合は全く溶かす予定が無かったカードもネタのために犠牲にする事も考えられますので、ブログのために身を滅ぼさないようにしたいところです。
記事にする際は、合成の画像を添付して、一緒に楽しみましょう。

Aプレイ日記・合戦絵巻
こちらは主に合戦プレイバックです。
自分が参加した合戦の出来事や参加状況、戦闘結果などがネタとして挙げられます。
毎回合戦に参加できるプレイヤーなら、定期的に記事を挙げられるため、ネタ切れになりにくくブログを長く続けることができます。
また、合戦に参加した同国・敵国読者からも感想などのコメントが寄せられやすく、非常にコミュニケーションが取りやすい良質のコンテンツと言えます。
逆に言えば全く関係ないワールドの読者にとっては合戦結果は興味が薄いので、合戦結果だけのブログだとそれなりの演出や記事でないと飽きられやすいように感じます。
記事の特性上、報告書が多くネタとして取り上げられますが、注意したいのは個人を特定できる情報の扱いです。
基本的に画像を添付する際は城主名や同盟名などは加工して消すのが良いです。
特に良く見られるのが、ソロでの撃破(防御)報告ですが、これは自分の育成してきたデッキの晴れ舞台とも言えます。
それゆえ、どうしても相手に対して優越感を持つ記事になりますが、このような記事ではやはり個人を特定できる情報は消すべきです。
仮にその撃破された方が記事を見た時に、晒されて不愉快な気持ちになりやすいので、配慮が必要です。
逆に、相手に了承を得ている場合は遠慮なく名前を出してネタにさせていただきましょうw
戦国IXAは合戦ゲームです。
存分に合戦の魅力を発信していただければと思います。

B一戦系
いわゆる「一戦撃破」「一戦防御」に関わるネタで、合戦や合成とも関連が深い項目です。
数字を極限まで高めるためのカード集めや合成、合戦での戦い方まで、読み物として非常に面白いネタと言えます。
一戦系の数値を上げるためには並々ならぬ努力が必要であり、この数値は(相手との兼ね合いもあるとはいえ)カード資産の強さを計る大きな要素です。
この数値を更新する事に目標を定めているプレイヤーも決して少なくは無く、自分の戦国IXAに投資した愛を示す場でもあります。
思う存分内外に示しましょう!
ただし、上記の項目でも触れましたが、報告書は相手ありきなので、情報の取り扱いには注意しましょう。
特性上私に代表されるような一般イクサーがこれをネタにしても盛り上がりに欠ける事が多いので、合戦強者専用ネタと言えるでしょう。

Cクジ引き
合成と並んでネタの定番です。
これも記事を見るだけでその人がどれだけの資産を投資しているかがダイレクトにわかります。
当たりハズレが交錯する金クジ履歴がずらーーーーっと並ぶ記事は、まさに圧巻の一言です。
豪華な履歴が並ぶブログはやはり人気が高いです。
合成と並んでネタとしての即効性が高く、こちらも予定外のクジ引きをして後悔しないように注意しましょう。

D攻略記事
戦国IXAをプレイするうえで知っておくと便利な情報や、仕様をわかりやすく解説するネタです。
自身が戦国IXAの仕組みを理解している必要があるので、これはゲームを遊びこんだ人に向いています。
攻略記事は情報収集と検証に非常に時間がかかるので、一本記事を挙げるだけでも非常に手間がかかります。
そのうえ、強力なライバル「戦国IXA wiki」の存在があるので、手間をかけた割に見向きもされない可能性も高いです。
攻略記事として一定の水準を満たすには、wikiで既にまとめられている情報にプラスアルファしたネタを盛り込む必要があります。
wikiで語られているのはあくまで一般的な事項が多いので、そこに書き手の経験と使い勝手などの「生きた情報」を加えれば、wikiとは一味違った魅力的な記事になるでしょう。
ただし、そこまでのクオリティにするには自分が戦国IXAをかなり深い部分まで遊ばないと気付かない事も多いので、ネタとしてのハードルは非常に高いです。
そのハードルの高さから、攻略ブログは数が少なく非常に重宝されており、やりがいがあると言えます。

E考察・検証記事
攻略記事を更に一歩踏み込んだ、非常に濃いコンテンツに成り得るネタです。
ゲームの仕様を実際に試して証明する記事や、誰も踏み込めない領域にメスを入れる意欲的な記事など、検証記事を一本完成させる事ができればそれだけでブログの存在価値があると言えます。
それだけにネタとしての難易度は最高級であり、だれもがおいそれと手を出せる分野ではありません。
数字を追う事になるので、やはり理系に強い人が有利なのは言うまでもありませんが、加えて検証記事としての斬新な着眼点、協力者を集める事から始まり、検証を長期にわたって遂行して結論に導く実行力など求められます。
ここまでくるとネタと言うよりは一大プロジェクトと言えます。
ゲーム自体は直感や経験則だけでも普通に遊べてしまいますが、そこに数字の裏付けがあればより綿密な行動がとれます。
私のような文系人間・または閲覧する側からすれば検証系ブログは非常にありがたい存在です。

F企画記事
文字通り企画を行う過程を記事にしたものです。
プレイヤー間のやり取りや取組、独自のプレイスタイル開発など、企画としてのネタは様々です。
そもそもブログを書く事自体が企画の親玉と言っても差し支えないので、特に深く考える必要はないでしょう。
自分が戦国IXAを遊ぶうえでやってみたい事、やっている事を追うだけで十分企画として成立します。
例えば剣豪をランク5にする、特定のスキル付与を試みるなど、この道のりを書くだけで魅力的な読み物になります。
あとは書き手独自のアレンジを加えれば、オリジナリティのあるブログになるでしょう。

G雑記
戦国IXAに関連したものから、全く関係のないものまで幅広いネタで、主に書き手がどんな人か知ってもらうためのものです。
仕事であったり、趣味であったり、はたまた武将のエピソード紹介だったり、本当の意味での日記です。
ブログ主を知ってもらういい機会なので、思う存分書きたいことを書きましょう。
ある意味一番気楽に書けるネタです。
雑記の中にはゲームの変化について(主に新仕様やアップデート情報など)も含まれますが、ネタとして書き記す場合には少し配慮が必要です。
特にゲームそのものや運営様への過剰の批判は避けるべきでしょう。
私自身ブログ終盤では些か冷静さを失って運営様への批判記事を掲載した身であるので強くは言えませんが、あまりネガティブな記事と言うのは見ていて面白くないものです。
もちろん意図が分からない仕様や明らかに批判されて然るべきな対応について、擁護しすぎるのも考え物ですが、どんな場合でも読み手を意識しておくべきです。

ブログのメリットとデメリット
上記のように、ゲームをしていればネタは結構転がっているものです。
しかし、ネタはあったとしても、どれだけの時間をブログ編集にかけられるかはまた別物です。
どんなに短くとも、ブログ編集をする以上時間を消費しますので、ある程度メリットが無いと続かないでしょう。
そこで、次にブログを書くとどんなメリットとデメリットがあるか見てみます。

※メリット※
@知名度アップ
これは本人が望む、望まないに関係なく名前が知れ渡る事です。
特に自分の城主名やプレイワールドを公開しているブログでは、合戦中に声をかけられる数が圧倒的に多くなります。
有名なブログでは、ワールドの垣根を越えて名前が売れる人も存在するようです。
戦国IXAを普通にプレイしていると、大多数のプレイヤーは同盟に所属する事になると思いますが、同盟員が主なコミュニケーションの相手となるでしょう。
あとは合戦で書状交換した人や、東西戦の国チャットなどで関係を作って行く事になると思いますが、意外と言葉を交わして関わる人は少ないものです(同盟でも発言しない人はごまんといます)
ブログをやっていると、普段全く関係ない人から声をかけてもらえたりする機会が増え、他人と関わって遊べると言うオンラインゲームの醍醐味を堪能できます。
人と関われば新たな関係もできやすく、ゲームプレイをするうえで選択肢が増えます。
これが最大のメリットではないでしょうか。
A記録になる
ブログは自分がプレイしてきた「歴史」となり、読み返す事で自分がどのようなプレイしをしてきたか確認できます。
その時その時で、自分がどのような考えで動いたか確認できるのはプレイ上貴重な情報となります。
また、ゲームの変遷を知る上でも意義があります。
B宣伝媒体となる
私も過去に何度かやりましたが、宣伝媒体としても非常に影響力があります。
特に同盟募集やイベント開催、ワールドリセット時の動向など、規模の大きいブログや有力プレイヤー(同盟)の動きは他のプレイヤーにとっても貴重な身の振り方の指針となるので侮れません。
過剰な宣伝は逆効果ですが、ここぞの場面で打ち出せば強力な武器になります。
せっかくブログをやるなら、うまく使わせてもらうのも良いでしょう。
Cメリハリ
ゲームプレイにアクセントを付ける事ができます。
目標を設定して、その様子をブログに書けば達成意欲もわきますし、読者と交流を図る事でモチベーションもアップすると、効果は絶大です。
最初はどうしても編集作業の煩わしさばかりが先行しますが、これらの経験があればブログ更新がとても楽しい時間になります。
自分が楽しんで書けば、それは読者にも伝わります。
楽しい事を共有する空間は非常に大切なものです。

※デメリット※
@時間
兎にも角にも時間を取られてしまう事です。
慣れないうちは短文でも膨大な時間がかかりますし、誤字・脱字など校正作業や画像を使った記事ならば更に手間が増えます。
どんなに良質なネタでも、それを伝えるための時間が取れなければ何もないと一緒です。
時間を確保できるかどうかはシンプルにして最大の難関と言えるでしょう。
また、時間は編集作業とは別に、更新頻度としても言い換えられます。
基本的にどんなジャンルのブログでも更新頻度が高いものは人気があります。
どんなに有名なブログであっても、いつ行っても記事が更新されていない・・では、そのうち訪問しなくなります。
戦国IXAと言うゲームでは、頻繁に更新をするのはかなり難しいと言えます。
基本的に、最もポピュラーなネタであろう合成やクジ引きをするにも、「金」「銅銭」がないと何もできません。
アクセス数が全てではありませんが、やはり人間なのでたくさんの人に見てもらえるとそれだけでうれしいものです。
合戦で活躍して報酬をたくさん得る・複数ワールドをプレイする、など、ネタ集めにはある程度努力が必要なので、ゲームに拘束される時間が増えると言うのも時間的なデメリットと言えるでしょう。
逆にアクセス数など全く意識しないなら、風の吹くまま気の向くまま綴ればいいので時間をあまり気にする必要はないです。
A精神的ダメージ
私自身はこれを一番気にしながらブログを書いてきましたが、いわゆる「炎上」するような記事を書いてしまったら精神的ダメージが大きいと言う事です。
そのような記事は読者からかなり辛辣なコメントを多数もらう事になり、このダメージはゲーム続行に影響を及ぼすほどの悪影響となります。
それでなくとも不特定多数の目に触れるので、どんな正論を述べても違った視点から反論されてしまいます(正論を述べる事はネット上では必ずしも正しいとは言えない気がします)
どんなジャンルであれ、感情のおもむくままに書き記すのは、それ相応の代償を払う事は覚悟しておくべきでしょう。
B背伸び
上記2つに比べたら些細な事ですが、人間見栄は少なからずあります。
例えばクジ引きでいいカードが出たと言う記事を上げたいがために、何万円も金クジを引く・特カード合成を成功させた記事を上げるために即落で高い買い物をして合成しまくる、などです。
どうせ記事にするなら他人から良く見られたいと言う見栄のために、自分の遊べる範囲の額以上の投資をしてしまう危険もあります。
ブログで身を滅ぼさないように注意しましょう。

ブログの方向性
さて、実際に自分がブログを書く際に、ある程度目標があったほうが執筆意欲がわくはず。
漠然と書き記すだけより、メリハリが付いて面白い記事も書きやすいです。
自分がどんなブログにしていきたいか、確認するだけでも軸がブレないでしょう。
※人気ブログになりたい!※
上記でも述べたように、人間単純なもので、アクセス数が多い・コメントをもらえたらとても嬉しいものです。
ブログを見てくれる人が多いに越したことはありません。
そこで、そのへんも考慮し、自分のブログをどう他人に見てもらいたいかもある程度考える必要があります。
頻繁な更新・魅力的な記事・知りたい情報を網羅・・
求められるハードルは高いですが、そのぶんやりがいがあります。
広告として、各ジャンルには、ジャンルごとに大抵ブログランキングというものがあります。
これに登録して、読者にアピールするのが最も効果的でしょうか。
ただし、やはり肝心の中身が伴わないと一時的なものに終わってしまうので、それ相応の努力が必要です。
※ナンバーワンよりオンリーワン※
何かテーマを絞って、何か一つでも他のブログに負けないようなものを伝えていきます。
例えばひたすら破軍星や騎神を狙う・カンスト剣豪などを作る・思い入れのあるカードを育て上げる、一戦系を極めるなど、そのテーマを中心にブログ記事を展開します。
テーマを達成するための行動記録すべてがネタとして使えるため、初心者でもとっつきやすいのではないでしょうか。
余談ですが、マイブログが完全にこれに当たります。
私の場合、「武将カード」にテーマを絞り、カードの魅力を伝えるための記事を中心に構成してきました。
おかげで戦国IXAブログではかなり異色なブログにできたと思い、オンリーワンのブログにする事は成功したと思います。

興味がわいてきたら・・
ブログがもたらす効果については、上記を見ればだいたい理解できると思います。
ここまで見て、少しでも「ブログやってみようかな?」と考えた方がおられたら嬉しいです。
ここでは、実際にブログを立ち上げる際に準備するものや知っておくと便利な事について書きます。
@ブログサーバ
これは私がブログを始める時に、とりあえず最初に検索したものですが、「無料 ブログ」あたりで検索して自分に合っていると思われるものを選べばいいと思います。
これは他所様のブログを見ていればだいたいどのようなブログが多いか傾向は分かると思います。
個人的に使いやすいと思われるものをいくつかピックアップしておきます。
詳しくはリンク先から飛べる各サービスを参照です。
(アフェリエイトへの考慮はなされていません)
FC2ブログ
seesaaブログ
livedoor Blog
アメーバブログ
ウェブリブログ
有名どころと言われるサービスなら、ブログを書くだけならどれを選んでも大差ないと思います。
A画像アップロード
各ブログサービスによって画像の扱いが違うと思いますが、まずは自分で画像を保存してアップロードできる状態にできないといけません。
過去の記事で画像の扱いについて触れているので、こちらも参照してみてください。

それでもやっぱりブログは楽しい!
ここまでいろいろと述べてきましたが、ブログを書くと言うのは、慣れて来たらとても楽しいものです。
例えトラブルに巻き込まれて苦しい時期だったとしても、ゲームを辞めたくなったりしても、ブログに寄せられたコメントを見て勇気づけられ、励まされたりします。
そして、自分の戦国IXAライフに新たな風を吹き込んで、更に楽しく彩ってくれます。
しかし、不幸にも環境の変化や、ゲームに対する意欲が落ちてブログ更新をできない・する気が無くなってしまったら・・
無理に続ける必要はありません。
ブログは義務ではないです。
自分が楽しめないものは、読者も楽しめません。
その時はスッパリ辞めてしまいましょう。
まずは気軽に始めてみる、最初の一歩が大事です。

***
今回の記事が、これからの戦国IXA界を盛り上げる皆さんのお役にたつことができればとの願いを込め、これにて「戦国IXA カードを愛でるブログ」閉幕とさせていただきます。
それでは皆様、良い戦国IXAライフを!!
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 21:30| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!
今年もイクサーの皆様、運営の皆様にとって幸多き一年となる事を願います。

***
先日、最後の更新と言いながらいきなり更新する魯粛ですこんにちは。
と言うのも、ブログもゲームも辞める気マンマンで、元日はたぶん2年間で初めてゲームに一度もアクセスしない生活をしていました。
内政や陣張りに縛られない生活に安堵する一方、同盟順位が気になったり、本領が落とされていないか気になったり、市場チェックしたくなったり・・楽しさを残したまま卒業した身なのでついイクサの事を考えてしまう自分もいます。
これだけ未練が残るのだから、やっぱり今が引き際で正解かなあとも思いました。

そして、ブログも1日全く触っていませんでしたが、今日チェックするとすごい数の書き込みがあって、こちらもビックリしています。
今は新年で家族との時間を大事にしていますので、コメント返信の方はまた後日ゆっくりとさせていただこうと思いますので、ご了承ください。

***
コメントを拝読しますに、このブログが皆さんにとって有意義であった事がわかり、筆者としてこれ以上の喜びはありません。
ただの雑記と自己満足ブログが、皆さんのイクサライフの一助になっていた事、これだけで私が1年半続けてきた事が無駄ではなかったと実感できました。
そんな「戦国IXA カードを愛でるブログ」が、最後にこれからもイクサを続ける皆さんに何か贈り物をしたいと思い、恥ずかしながら少しだけ戻って参りました。
と言う事で、ここを読んだ方々が更に戦国IXA界の盛り上げ役になってくれる事を願い、真・最終回の予告とさせていただきます。

次回最終更新予告「戦国IXAブログを作ってみよう!」

私は2年間プレイをしながら、様々なイクサブログを回って楽しませてもらました。
プレイヤーの中にもイクサブログめぐりを日課にしている方も多いでしょう。
その中で、これから戦国IXAブログを作ってみたいと考える人もいるかもしれませんし、もっと自分自身楽しむために立ち上げたいと考える人もいるでしょう。
私もその一人でした。
この企画自体は、私がプレイを続けるうえでもっとたくさんの戦国IXAブログを読みたい!と考えていた時代の物ですが、今となっては今後の戦国IXA界を担う方々の参考になればとの思いでアップさせていただきます。

是非、これからの戦国IXAをプレイヤーサイドから盛り上げるべく、たくさんの面白いブログを世の中に発信していただければと思います。

***
オマケ

ブログ更新のために撮りためてあったネタストック、最後の大放出ですw

まずは7radaさん応援企画「勝手に応援企画」から・・
この企画の数字的な目標としては、3スキルレベル10にすると言うものでしたが、それを達成したうえで未公開の最終ミッションを自分に課していました。
それは、「7radaさんに実際に攻めてもらい、本人に中川氏と黒岩氏のスキルレベル10を披露し、その模様をブログで紹介して企画完了!」でした。
これができなたっかのが残念でした。
ちなみに派生企画として「架空部隊スキル・「武将画の主」を作ってみる」と言うのも考えていました。
これは、戦国武将画コンテスト受賞三氏7radaさん・雄さん・筒井海砂さんのカードで部隊を組んで育ててみようと言う企画でしたが、披露する間もありませんでした。

※勝手に応援企画 中川秀成を育成してみる※
細々続くこの企画、今回は一発勝負です。
少しづつでも強くなれるっていいですね!
さて、スキルレベルアップはどうでしょうか。










中川秀成合成13.png
↑^^

一発で見事成功!
今回は経済的でした♪

続いては白クジから出た前田利家を槍隊仕様にできたので、加勢用に少しづつ強化です。

前田利家合成H.png
↑それっぽく

スキルレベルが3辺りになるとそれっぽく見えますね。
この調子で地道に前進です。
初心者レベルのカード資産のいいところは、自分のデッキが強くなる様を感じやすいところです。
「前の合戦の自分より少し強くなる」
この積み重ねの過程がまた楽し、です。

※勝手に応援企画 黒岩種直を育成してみる※
黒岩氏に再びスキル付与にトライする機会を得ました。
白クジから三好政康を入手できたので、鉄壁の備え逝ってみましょう。
再び剣豪を合成して剣術スキルから鉄壁・迅速両面待ちです。

黒岩種直合成G.png
黒岩種直合成B.png
↑ここまでは順調

さあ、鉄壁来てください!!










黒岩種直合成H.png
↑ダメでしたー

また次の機会・・

***
次は連載企画「続・部隊スキルを育てながら天下クジを目指す!」です。
やる事はひたすら赤備えで空き地に突撃と、絵面が非常に地味だったので、間をつなぐのに苦慮しましたw
ちなみに最近やっていたのはランク2へのランクアップ素材育成でした。
こちらも未完企画となってしまいましたが、ブログ更新のアクセントとなっていたので、非常にやっていて楽しい企画でした。
合戦ネタがほとんどないマイブログに於いて、珍しく報告書が載る企画でした。
昔逃がしたカードをシーズンをまたいで手に入れる事が出来たり、珍しいカードを手に入れる事が出来たり、「人との縁」を実感できました。

※続・部隊スキルを育てながら天下クジを目指す!夢クジ引いてみた※
先日実装された夢クジを企画ワールドでも1枚引いてみました。
企画ワールドでは過去に3枚クエ金で課金クジを引いています。
1回目は多目氏で、運営様からしっかり部隊スキルを育てろとのお告げをいただきました。
2回目は安東愛季とこれまたハズレ。
3回目は金使用期限による消費で銀クジ序レベル20でした。
全く当たる気配のない企画ワールド課金クジ遍歴ですが、さてさて4枚目は何が来るでしょうか。

では貴重な残金から200円分を支払って夢を買います。
白いのを出してメシマズしますかね^^
いざ夢来たれ!!










部隊スキル78.png
↑上

運営<「森三槍をしっかり育成せいよ」

あ、はい・・

森氏は取引でなかなか出ないし落札できなかったので良かったです!
これで森三槍の育成に着手できるから最高です!
金の使用期限も迫ってたので消費できて良かt・・

あれ、文字がかすんdうまkmじが打てn

※続・部隊スキルを育てながら天下クジを目指す!森三槍※
さて、前期から育成が全く進んでいない部隊スキル「森三槍」ですが、先日クエ金で引いた夢クジより森長可が出てしまったので、育成してみました。
森長可がなかなか市場で手に入らず育成が進まなかったので、これはうれしかったです(棒)
対応部隊は・・森三槍構成カード3枚ともデフォルトスキルが攻撃なので、防御起用ならどの兵科でもスキルに縛られないので、無難に素の防御力が高い赤備えを意識して騎馬防カードにしてみようと思います。
まずは長尾政景より騎馬隊守護を狙います。

部隊スキル79.png
↑あれ?

ここで痛恨のミスショット!
騎馬隊守護ではなく弓隊守護が付いてしまいました。
とりあえずスキル1つだけでも騎馬防スキルにしようと、続けて騎馬隊布陣狙いで石川数正を合成です。

部隊スキル80.png
↑あれあれ?

どうしてこうなった。

統率はズレてしまいましたが、結果的に弓防カードになってしまいました。
また買い直しにすべきなのでしょうが、いったんストックしておきます。
特・森蘭丸を入手して育成する時、失敗してもし森蘭丸が弓防仕様になってしまったら起用法をシフトしようと思います。

※続・部隊スキルを育てながら天下クジを目指す!海赤雨堅陣基本性能アップ※
今回は海赤雨堅陣の部隊を強化してみました。
現在の海赤雨堅陣部隊構成カードは・・
真田昌幸:戦陣・千鳥Lv9 鉄壁の備えLv3 騎馬隊守護Lv4
海北綱親:鉄壁の備えLv5 騎馬隊堅陣Lv5
赤尾清綱:騎馬隊堅守Lv4 騎馬隊堅陣Lv4
雨森清貞:騎馬隊堅守Lv4 騎馬隊守護Lv1 騎馬隊堅陣Lv1

この中で、長らく放置していた雨森清貞と、主軸カードの真田昌幸の強化を行いました。

部隊スキル85.png
↑騎馬防強化

銅銭の都合で守護のみ5にし、堅陣はとりあえず4でいったん停止しました。
一応堅陣も5にすべく何度かトライしましたが、失敗が続いたので流れが悪いと判断しました。
まずはこれで海赤雨堅陣自体の強化が最低限できました。
続いて真田昌幸です。

部隊スキル86.png
↑鉄壁と守護

鉄壁の備えを3→5へ、そして騎馬隊守護を4→5へと昇格成功です。
鉄壁の備えの5へのレベルアップで10連続失敗してしまって手痛いダメージでしたが、騎馬隊守護は一発で上がったので2つ併せてまあまあの結果でした。
素材集めで白クジを引いていれば上カードが自然にたまってきたので、失敗続きの戦陣・千鳥にもトライです。

部隊スキル87.png
↑キタ━(゚∀゚)━!

長い下積み生活を経て、やっと戦陣・千鳥をレベル10にできました!
それにしてもやはりこのスキルはすごいですね。
素の期待値が13.5%とか、天に届くスキルではないかと思います。
北条氏康や極・朝倉義景あたりの基本三種防衛カードに付与で来たら最高と言われるだけあります。

今回は地道に銅銭を消費していく作業でしたが、おかげで海赤雨堅陣部隊がガッツリ強化されました!
消費銅銭も15000近くかかりましたが、それに見合う戦果で大満足です♪

***
次は合成の一コマです。
放置されていた枠を育成したもので、枠を埋めるのにも長い時間をかけていた私のまったりプレイの記録です。

※服部半蔵同一カード合成!?※
久々に合成素材を手に入れる事が出来たので、早速合成にトライしてみました。
極・服部半蔵に特・服部半蔵で電光石火を狙ってみます。
同一カード合成と言っても一緒なのは名前だけですが!
さすがに極同士はできませんw
さて、捨てスキルをサクッと2つ付けて電光石火を第1候補に繰り上げて準備完了です。
さあ同一カード合成(名前だけ)逝ってみましょう。










服部半蔵合成H.png
↑ラッキ♪(金井桜風byちはやふる)

忍び衆と相性抜群の速度スキルでまとめる事ができました。
やっと3枠目が埋まりました!
※伊達政宗完成※
2期最初に気まぐれで引いた銀クジよりポロっと出た伊達政宗が、約1年かけてやっと完成しました。

伊達政宗合成23.png
↑弧月完成

全く身の丈に合わない天を手に入れてしまった一般イクサーの、スキルマックスへの長い長ーーい道のりもやっとひと段落です。
3枠目に槍陣・弧月付与の成功したのは過去の記事を見返せば9月22日だったので、2か月以上かかった事になります。
銅銭と序・上カードだけのまったり育成です。
まだまだ育成すべきカードは山のようにあるので、サービス終了までに育成が終了する気配は全くありませんが、このゆっくり進む道のりもまた楽し、です。

※上・上杉謙信合成※
メインワールドでも紅白IXA合戦のイベントカードを入手する事ができました。
今回は上・上杉謙信の同一カード合成にトライです。

上・武田信玄合成H.png
↑合成候補

内容は武田信玄と同様なので、特にこれ以上述べる事もないので、早速逝ってみましょう。










上杉謙信合成R.png
↑・・

\(^o^)/オワタ

ですよねー

ちなみに上・武田信玄も車懸り・剛勇無双両面待ちで同様に同一カード合成をしましたが撃沈でした(あまりにあっけなかったのでSSは撮っていません)

※痛恨の編集ミス※
先日の合成の記事で、痛恨のミスをやらかしてしまいました。
記事の中では天・最上義光に騎馬隊挟撃を付けてレベルアップしていましたが、剛撃を付与した後挟撃を付与した日の記事を上げ忘れていました。
まあ、だから何なの?って話ですがw
他のブログサービスがどうなのか分かりませんが、seesaaは記事を上げたい日にちを入力する事でその日時なれば本人が居なくても自動的に記事がアップされる機能があります。
また、記事を公開/非公開設定する事で、記事を見えたり見えなかったりするようできます。
私はこのブログを連載するにあたって、暇な時間に記事を書きためストックしておいています。
あとはブログを書けそうにない日にストックから小出しにネタを上げていっています。

最上義光合成B.png
↑と言う事で

こちらが前回までですが、この後騎馬隊堅陣を消して・・

最上義光合成C.png
↑挟撃ッ

何のヒネリも無く、一発で挟撃の付与に成功しました。
間に入院を挟んですっかり記事を上げていなかったことを忘れていました。


***
最後に市場マニアです。
数が増えるだけのカードに市場検索が追いつかず、掘り出し物を探すのがが非常に面倒になった事もあり、中盤以降は当初のコンセプトが薄れていきましたが、市場の楽しさを少しでも伝えられたのではないかと思います。
本当に市場検索性能のアップ、お願いします!

※市場初体験※
今回は、2年間戦国IXAをプレイしてきて、初めての場面に立ち会う事ができました。
市場で良く見る出品形態に「10出品」がありますが、まず間違いなく翌日の入札期限まで入札が入ります。
天カードともなると、ここぞとばかりに本気入札・記念入札・あわよくば入札など様々な思惑が渦巻きます。
そして、序カードでもそれは例外ではありません。
さすがに入札数は少ないですが、少しでも素材を安く仕入れようと入札を試みる人がいます。
つまり、「10出品は翌日まで残る事は無い」と言うのが私の今までの認識でした。
それが覆された衝撃映像がコチラです!










売れ残り稲富さん.png
売れ残り稲富さんA.png
↑売れ残りドメさん

「これは是非ネタにせねば!」と、8:15分に入札解禁になった瞬間ダッシュで落札しました。
10出品が売れ残る瞬間に立ち会えた貴重な日でした。

※元祖・風林火山※
某ワールドの市場ですごいカードが出品されていました。

風林火山武田信虎画像.png
↑風林火山の父

なんと、シークレットカードに風林火山が付与されていました。
武田信玄の風林火山は父親譲りだったんですね!
それにしてもレアさで言えば軽く天カードをも超えているような気がします。
素晴らしいカードを見る事が出来たので、記念にアップさせていただきました。

***
まだまだ細かいネタはたくさんありましたが、冗長になるのでこの辺で。
ではでは、最終更新は気合い入れて更新するので、今しばらくお待ちください♪
ラベル:戦国IXA
posted by 魯粛 at 12:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。